大出血することも?更年期で起こりやすい生理・出血の特徴をご紹介!

大出血することも?更年期で起こりやすい生理・出血の特徴をご紹介!

更年期を迎えるころ、女性の身体機能には変化がみられるようになります。

その最たるものが生理に関係したもので、中には大出血するなど、生理不順を起こすこともしばしばあります。

そこで今回は、そんな更年期に見られる生理不順についてご紹介していきたいと思います。

更年期に起こりやすい身体の変化をご紹介

そもそも更年期とは45~55歳の時期を指しますが、中間である50歳ころ閉経を迎える女性が多いため、その前後10年間を更年期と呼ぶようになっています。

また、更年期を迎えるころ、女性の体は大きな変化を迎えます。

女性の大半は、思春期頃から排卵・生理を繰り返し、徐々に妊娠できるように身体的にも変化して行きます。

中でも排卵は、女性ホルモンである黄体ホルモンや卵胞ホルモンを分泌するためにも必要なことで、女性ホルモンが子宮内膜に作用し、結果生理も起こるようになるため、大切な機能となります。

しかし40代頃から、女性の卵巣内に貯めてあった卵胞と呼ばれる組織が急激に減少して行きます。

卵胞が減少して行くと、女性ホルモンの分泌も行われにくくなるため、排卵も生理も起こりにくくなってしまいます。

また女性ホルモンが減少することで、自律神経にも影響を及ぼし、結果一時的に自律神経失調症となることもあります。

この一時的な自律神経失調症が、更年期障害と呼ばれる症状の多くを指します。

大出血も?更年期に見られる生理不順について

更年期障害だけでなく、女性ホルモンの分泌が低下してことで卵巣の機能も低下することから、大半の女性は生理不順を引き起こします。

基本的に、50歳頃に閉経を迎えることが多いため、その前後10年間を更年期と呼びますが、この時期に生理不順で悩まされる女性は本当に多いです。

生理不順といっても、だんだんと閉経に向かっていくことなので、自然現象でもあるのですが、やはり生理が今まで通りではないことは多くの女性を不安にさせます。

更年期に見られる生理不順の一例をあげると、生理が1,2日で終わることや、生理の時に大出血してしまうなど、人によっても様々です。

こういった出血量が少ない生理を「過少月経」、大出血する場合の生理を「過多月経」と呼ぶのですが、それだけでなく生理周期に変化が訪れることもあります。

通常25~38日が生理の周期とされていますが、39日以上間が開いてしまう「稀発月経」や、24日以下で生理が来る「頻発月経」が症状としてみられることも多々あります。

大出血の場合は注意も必要?更年期の生理に関連した病気とは

しかしその中でも、更年期の生理において大出血した場合は病気の可能性もあるので注意が必要となります。

例えば40歳の女性の4人に1人は発症しているともいわれている子宮筋腫は、子宮内にできる良性の腫瘍のことを指します。

この子宮筋腫は、初期症状では痛みも感じることがあまりないので、発見が遅れることもしばしばありますが、子宮筋腫になると生理の際に大出血することがあります。

子宮筋腫は症状がひどくなれば痛みも伴うため、治療が必要な病気でもありますので、あまりに生理の際に大出血が続くようならば婦人科で検査をしてもらうことをお勧めします。

また、もちろん子宮筋腫ではなく、更年期の生理不順の一症状として大出血が起こることもあります。

特に更年期では生理周期も乱れやすくなるので、外出先で大出血してしまったりすると困ってしまいますよね。

こういった症状を婦人科で相談すると、低用量ピルを処方してくれることもあり、服用することで症状が和らぎますので、ぜひ問い合わせてみてください。

まとめ

更年期を迎えると生理不順は起こりやすくなるので、多くの女性が悩まされるようになります。

放っておいても閉経を自然と迎えることがほとんどですが、もしかしたら子宮筋腫などの病気の可能性もありますので、不安な方は一度婦人科で検査してもらうことをお勧めします。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)