生理がどろどろしてるのは更年期特有?更年期の生理の変化とは

生理がどろどろしてるのは更年期特有?更年期の生理の変化とは

思春期頃から、大半の女性は生理が始まります、そして更年期を迎えるころ、閉経することが一般的に知られています。

しかしこの更年期の際に、生理不順を引き起こす女性も多く、中にはどろどろとした出血がみられる方もいらっしゃいます。

今回は、そんな生理のどろどろと更年期について説明して行きたいと思います。

生理がおこる仕組みとは?更年期とそれ以前の違いもご紹介!

そもそも更年期とは、45~55歳の時期を指し、その中間の50歳ごろ多くの女性が閉経を迎えるとされています。

閉経を迎えるにあたって、女性の体の中では変化が生じ、中には更年期障害などの不調を訴える方も多くいらっしゃいます。

更年期を迎える前は、女性の体の中では排卵と閉経が繰り返し行われていて、妊娠の準備がなされています。

また、排卵の際には卵胞と呼ばれる卵巣の中の組織から女性ホルモンが分泌され、それらは卵胞ホルモンや黄体ホルモンと呼ばれます。

これらが子宮内膜を強化することで妊娠の受け入れが万全となるのですが、そこで妊娠が行われないと子宮内膜が剥がれ落ち、血液と一緒に体外へ排出されます。

これが生理なのですが、更年期にはこれが順調に起こらないことから生理不順が起こるとされています。

原因としては、40歳頃から卵胞が減少するため、女性ホルモンの分泌も低下し、排卵も生理も通常通り行われないことが大きな理由として挙げられます。

生理がどろどろは若い時もありえる!?その理由とは?

更年期に起こる閉経を迎えるために、女性の体の中ではいろいろな症状が出てきます。

その中でも、生理不順は最たるもので、1,2日で生理が終わることもありますし、だらだらと出血が続くこともあります。

また、生理不順の中には、出血の中にどろどろしたものがみられることもあります。

これは、更年期にしかみられないものではなく、実は若い世代でも起こりうる症状です。

生理が正常である場合は、経血もさらさらとしていて、きれいな赤い色をしています。

これは膣が経血を押し出す力が強いことから起きるのですが、反対に素の力が弱いとどろどろと粘り気のある経血が出ることもあります。

このどろどろとした経血は「瘀血」とも呼ばれていて、ストレスや生活習慣の乱れが原因で起こることがほとんどです。

比較的若い世代でこのような症状がみられる場合は、冷えが原因であることも多いので、冷え対策をしたり、食生活を改善し血行を良くすることも良い対処法となります。

生理がどろどろすることも?更年期の生理不順をご紹介

生理のどろどろ経血は、更年期に見られる生理不順でも多く起こります。

しかし生理で排出される経血がどろどろしている場合、経血の色も赤黒かったり茶色かったりすることもあります。

古い経血が排出されずに体内に残り、酸化してしまうことで経血の色も変わってしまうことは多くみられることで、他にも子宮内が傷ついているとこのような症状がみられるようになります。

また、経血がどろどろしていたり、血液の色が赤黒かったり茶色かったりすると、病気の可能性も考えられます。

特に子宮筋腫などは40代の女性の4人に1人がかかっているともいわれている、珍しくはない病気なので、時間が経っても症状が変わらない、改善しないといった場合は一度きちんと婦人科で検診を受ける必要があります。

子宮筋腫であれば治療は可能であることがほとんどですが、更年期では他にも子宮がんが発見されることもしばしばあります。

その場合は早期発見が治療のカギとなりますので、心配な方は婦人科で相談してみましょう。

まとめ

更年期では、いろいろな生理不順がみられますが、その中でも生理中にどろどろ経血が排出されることは珍しくありません。

しかし、症状が長引いたり、他の症状も出てきた場合などは、きちんと検査を受けたほうが良いかと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)