閉経?生理不順?生理が突然止まるのは更年期のせい?

閉経?生理不順?生理が突然止まるのは更年期のせい?

女性の多くは、平均して50歳頃に閉経をむかえます。

また、閉経を迎えるにあたって、多くの女性に生理不順がみられるようになり、中には生理が突然止まることも珍しくはありません。

今回は、そんな更年期と生理について詳しく説明して行きたいと思います。

更年期で生理に起こる変化とは?

女性の多くは、思春期を迎えるころから身体的に変化がみられるようになります。

体つきなども、男性と比べて丸みを帯びるようになったりと変化が出ますが、それらも身体機能の変化によるものとされています。

思春期頃にたいていの女性が経験する初潮を過ぎると、何度も排卵や生理を繰り返して、女性の身体は徐々に妊娠できる身体へと変化して行くのです。

また、排卵は女性ホルモンの分泌のためにも必要な機能でもあります。

排卵の際、主に卵胞と呼ばれる組織の中で女性ホルモンが分泌されるのですが、この卵胞は40歳を迎えるころから急激に減少して行くことがわかっています。

卵胞が減少することで、女性ホルモンの分泌も滞り、量も減少して行くのですが、それによって生理も今まで通り来なくなってしまいます。

そうして生理が1年以上来なくなると閉経したことになりますが、閉経を迎える前に何らかの形で生理不順がおきる女性が多く、その症状は人によってもさまざまです。

生理が突然止まることも?更年期の生理不順について

更年期に閉経を迎えることで、生理不順だけでなくいろいろな身体的・精神的不調を訴える女性も多くいらっしゃいます。

それらの症状は一般的に更年期障害と呼ばれ、主な症状としては「ホットフラッシュ」とも呼ばれる身体のほてりやのぼせ、多汗などのほかに、うつ病などの精神的不調などあげられます。

しかし、閉経を迎えるにあたって一番変化がみられるのはやはり生理環境かと思います。

更年期には生理不順を訴える女性がほとんどで、主な症状としては生理周期の変動や出血量の増減など、本当にいろいろな症状があり、人によってそれらの症状が続く期間も異なります。

また、中には生理が突然止まるといった症状がみられることもあります。

この場合、そのまま閉経を迎える場合が多く、あまり生理不順の症状もみられません。

今まで通常通り来ていた生理が突然止まると、不安に思う方も多いかと思いますが、まずは様子を見てみることも大切なことだとも思います。

閉経かも?と思っても気を付けたい更年期の病気について

更年期に生理が突然止まったかと思ったら、また半年くらい経って生理が始まった、という症状の方も中には多くいらっしゃいます。

これも更年期に見られる生理不順の一つで、主な原因としては女性ホルモンの減少があげられます。

生理不順や更年期障害は、閉経を迎えて更年期を終えるころ、みられなくなることが通常ですが、むしろ体調に気を付けるべきはこの閉経後でもあるのです。

閉経後は、女性ホルモンがほとんど分泌されない状態になっていますので、今までは当然のように受けていた女性ホルモンの恩恵を受けられなくなっています。

女性ホルモンは女性にとって大事なもので、これが分泌されないとなるとこれまではあまり縁がなかった病気にもかかりやすくなってしまいます。

具体的な病気名をあげれば骨粗しょう症やメタボリックシンドローム、動脈硬化などがありますが、閉経後はこれらの予防にも取り組んでいかなければならなくなります。

そのためにも規則正しい生活を心がけ、生活習慣を見直すことが必要となります。

まとめ

更年期に生理が突然止まると、びっくりする女性がほとんどだと思いますし、不安になる方も多いかと思います。

しかし更年期に見られる生理不順は、ほとんどが自然現象ですので、あまり心配せずにまずは様子を見てみることも大事です。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)