生理を止めたい?意図的に止める?更年期にできる生理を止める方法とは

生理を止めたい?意図的に止める?更年期にできる生理を止める方法とは

更年期と呼ばれる45~55歳の間に、生理不順に悩まされる女性は大勢いらっしゃいます。

そんな更年期の生理不順の中でも、出血量が多い過多月経は多くの女性を苦しめています。

今回は、更年期の生理不順対策として、生理を止める方法を中心にご紹介していきたいと思います。

更年期障害ではなくても生理不順は起きやすい?

45~55歳の期間を一般的に更年期と呼びますが、この時期に女性が生理不順に悩まされることは多くあります。

その理由としては女性ホルモンの分泌量が減少して行くことにありますが、そもそも更年期を迎える前の40歳ごろから女性の多くは卵胞と呼ばれる組織が減少して行くとされています。

この卵胞は、排卵や生理にも関係している組織で、主に女性ホルモンの分泌にも関係している大事な部位です。

40歳ごろ卵胞が減少して、50歳ごろには卵胞がほとんどなくなることから、排卵や生理も行われなくなっていき、女性ホルモンの分泌もほぼ止まります。

その前段階として、女性ホルモンの分泌量が減少してしまうことでホルモンバランスが乱れ、生理不順を起こしやすくなります。

また、更年期ではない10~30代の女性でも、ストレスや生活習慣の乱れによってホルモンバランスが乱れることで生理不順はおこるので、女性ホルモンの分泌が正常に行われることは女性にとって大事なことなのです。

更年期に生理を止める方法をご紹介

更年期に女性たちを悩ませる生理不順はいろいろなものがあります。

主な症状をあげれば、生理周期が通常より長くなったり短くなったりすることもありますし、生理が1,2日で終わるもしくはだらだらと続いてしまう、といったことも多くみられます。

その中でも、生理の際の出血量が増えてしまう症状を「過多月経」と呼び、この症状は生理不順だけでなく貧血やめまいなども引き起こす危険性があるため、注意が必要となります。

そんな過多月経ですが、対処法として生理を止める方法も現在利用できるようになっています。

例えば「ミレーナ」とよばれる治療法は、現在世界中で行われているものもあるようです。

ミレーナは徐々にホルモンを子宮内へ浸透させていくシステムとなっています。

主な使用法としては避妊がありますが、低用量ピルに含まれるホルモンを子宮内へと浸透させていくことで、過多月経の治療にも使用されているのです。

更年期に生理を止めたい、そのメリット・デメリットとは?

ミレーナは、「子宮内黄体ホルモン放出システム」というもので、産婦人科で避妊リングを装着してもらうことで効果が実感できます。

ミレーナを挿入する際、軽い痛みを感じることもあることもあり、また最初の何か月かは出血が続くことがデメリットとしてあげられますが、出血は徐々に収まっていきますし、薬の影響でもありますので基本的に心配はいりません。

また、ミレーナ以外にも生理を止める方法はあります、その一つが偽閉経療法です。

これは、子宮筋腫の治療法として利用されることが多いのですが、薬を用いて一時的に生理を止め、閉経状態を作りだす治療法となります。

偽閉経療法の副作用として、更年期障害のような症状に悩まされることもありますが、これは閉経によって起こる症状ですので、薬の副作用ではありません。

偽閉経療法の場合、毎日自分で行う点鼻薬のほか、月に一度医師にしてもらう注射薬が選べます。

この治療法の場合も、不正出血がでるなどのデメリットもありますので、注意が必要なものでもあります。

まとめ

更年期に生理を止める方法は、他にも低用量ピルの処方などがありますが、どれにしても医師の判断が必要となります。

気になる方は、まずは婦人科で相談し、医師の判断を仰ぐことが必要となってきます。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)