ダイエット中の朝ごはん、何をどのくらい食べても大丈夫?

ダイエット中の朝ごはん、何をどのくらい食べても大丈夫?

ダイエット中には、食事の内容もさることながら食べる時間も大切。

特に、カロリーが脂肪として蓄えられにくい朝食はしっかりと栄養バランスの取れた食事をしたいもの。

そこで、ダイエット中に最適な朝ごはんの食材と、目安となる食事量をお教えします。

時間がないけど、しっかり摂りたい!ダイエット中の朝ごはん

仕事をしている人や、忙しい人は「朝ごはんは食べない」という人が結構多いもの。

朝は、夜睡眠中に胃腸の中が空っぽになっている状態です。

その朝にご飯を食べないと、前日の夕食から翌日の昼食までお腹に何も入っていない状態になりますから、身体は飢餓状態になってしまっています。

ですから、お昼に食べたごはんの栄養を「これでもか」と吸収してしまうので、朝ごはんを食べない人はなかなか痩せづらい体質に。

また、朝日を浴びると体内時計が正常になるのと同じく、胃腸にとっても朝食は体内時計のスイッチを入れる役割を果たしています。

実は、この「体内時計」はダイエットにも大きく関係している大切な機能。

体内時計が狂うことによって、自律神経が乱れホルモンバランスが乱れる原因になります。

体内時計は食欲にも非常に大きな影響を与えており、これが狂ってしまうと通常は朝・昼・晩と3食、食事をするリズムが崩れ夜中や食事をする時間ではない時にも「何かを食べたい」という欲求が起こってしまうそうです。

そして、これらが狂うことによって起こる自律神経の乱れは、体温調節や内臓の機能低下を引き起こします。

結果として、体温が上昇しないことによる冷えによるエネルギーの燃焼機能の低下や、食事から得られるはずの栄養素がうまく身体にとりこめないことによる栄養失調状態になってしまい、いくらダイエット効果のある食品を取り入れてもそれを身体が吸収できず、エネルギー源となる脂質や糖質などを積極的に体内に貯蓄しようとしてしまうのです。

ですから、ダイエット中はもちろんのこと、朝食をきちんときまった時間に食べるということは非常に大切なことなのです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)