60代女性が抱える悩み‥健康への意識が高くなる60代…第二の人生を楽しもう

60代女性が抱える悩み‥健康への意識が高くなる60代…第二の人生を楽しもう

自分や夫が定年退職を迎える60代。子どもの独立や親の介護など、環境の変化が大きい年代でもあります。老化現象も気になるところですが、閉経が遅かった女性にとっては更年期障害に悩まされことも…。

そんな60代の女性達が抱える悩みとはどんなものなのでしょうか。

60代の女性が大切にしているもの

健康が一番大切

60代の女性達の悩みで一番多いのは「健康面」。この年代は女性に限らず男性も健康への意識が高くなります。定年退職後に始まる第二の人生のためにも、まずは健康が大切という思いが強いのかも知れません。

「仕事で忙しい」と片付けてきた身体のメンテナンス。やっと落ち着いて向き合える時間が訪れたということなのでしょう。

60代の身体はまだまだ不安定

閉経は50歳前後に訪れることが多いとされていますが、それよりも早い人遅い人も決して少なくありません。遅い場合は60代に入って更年期障害を経験する場合もあります。

また一度更年期を終えた筈なのに、再び更年期障害のような症状を表すセカンド更年期。女性ホルモンの減少やストレスなどが重なって、更年期障害と似たような状態になります。症状が続く場合は婦人科を受診しましょう。

60代の女性の身体はまだまだ不安定なもの。婦人科疾患の早期発見にも繋がるので、定期的に受診するよう心がけましょう。

意外と多い悩みが人間関係

新しい人間関係に悩むことも

意外と多い悩みが人間関係。これはもちろん夫との関係も含まれますが、60代は親の介護をする人の割合も多くなります。そんな親との関係に悩む人も少なくありません。

また我が子の結婚で新しい家族を迎えたり、そのお相手の御家族との付き合いなど、新しい人間関係も構築される時期です。

60年生きてくると価値観や考え方がある程度固まって来て、柔軟性が持てなくなることが多いもの。新しい人間関係はそういった面からもストレスを感じやすいのです。

夫との関係に悩む女性も多い

一番近い他人(?)とも言える夫の存在。定年退職を迎えて四六時中顔を突き合わせるようになると、嫌な面ばっかり目に付くようになってしまうという悩みを良く耳にします。ひどくなると「同じ空間にいると息が詰まる」とか、「一緒にいるとイライラする」という意見も…。

健康面などに大きな問題がないようなら、積極的に外に出るようにしましょう。もともと違う人間なのですから、好きなもの、嫌いなものが違うのは当たり前ですし、多少の価値観のずれは仕方のないこと。

そう割り切って、お互いに好きなことを楽しむ方がストレスになりません。一緒にいる時間を大切にするためには、一緒にいない時間を作ることが手っ取り早い方法なのです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)