女性が離婚を決意した瞬間とは…離婚の壮絶体験談が続々!

女性が離婚を決意した瞬間とは…離婚の壮絶体験談が続々!

女性が離婚を決意するということ……相当な覚悟が必要だということは、想像できるかと思います。

きっと、結婚生活を送っているときよりも様々な苦労を強いられることになろうかと思います。

それでも「離婚しよう」と決意した女性達は、一体どんな理由でどんなときにそう決意したのでしょうか。

些細なケンカから手をあげられて……

始めは些細なケンカだったと話すSさん。

そこからある日、暴力をふるわれたそうです。男性に暴力をふるわれる恐怖、お辛かったことでしょう。

「初めは、ご飯のお味噌汁のことでした。

インスタントみそ汁を用意したら、文句を言われて。

こっちだって忙しいんだから、文句言わないで欲しいと言ったら殴られて味噌汁をかけられたんです。

最低ですよね。

それから不信感が募り、ケンカをして反発するたびに殴られるようになりました。

子供が小さかったので悩みましたが、母に相談して『別れなさいそんな男』と一言……覚悟を決めました。

身の周りのものだけ持って、逃げ出しました。

無事離婚することが出来て、ホッとしています。

仕事と育児家事と大忙しですが、今は幸せです」

旅行資金で貯めていたはずのお金が無くなった!

お金の遣い方の荒い人は、信頼できませんよね。

旅行資金に!と約束していたはずのお金を遣い込まれていたという悲しい事件を期に、信頼が崩れてしまったという女性の意見がこちらです。

「デキちゃった婚だったので、時間もお金も無く……式を挙げられませんでしたし、新婚旅行にも出かけることが出来ませんでした。

だからこそ、お金をしっかり貯めて旅行に行こうねって話していたんです。

それなのに、彼がそのお金を遣い込んでいたことが発覚して……パチンコに使ってしまったそうです。

それに、自分の親にも頼み込んでお金を借りていたそうで、お金の遣い方がキチンとしていない人だということを知って別れる決意をしました。

だって、これからどんどんトラブルを招きかねない!と思ったんです。

一度は許して……と懇願されましたけど、NO!別れて良かったと思っています」

子供のことで意見の食い違い。見下す態度が納得いかず

教育や躾のことですれ違いが起こるのは必然的ですよね。

でも、価値観の違う部分をどう歩みよって家庭という形にしていくかが肝心。

相手ばかりに押し通されていると、無理だな……と感じるんだとか。

「元主人はなにかあるごとにわたしを責めてきました。

母親に似ると頭がバカになるぞ、みたいなことを平気で娘たちに言うんです。

酷いですよね。

教育方針や躾で食い違ったときも、俺の言う通りにしておけば立派な人間になる。

お前じゃダメだ。

って上から目線で。結局、その溝がどんどん深くなって離婚を覚悟しました。

子供にも不仲な姿を見せるよりも、堂々と別れて一生懸命に生きた方がいいと思ったんです。

わたしと父親、どちらに付いて行きたいか聞くと2人とも私を選んでくれました。

今では、2人とも立派に自立して……別れて本当に良かったです」

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)