離婚って大変なんです!財産分与ってどんなことをするの?

離婚って大変なんです!財産分与ってどんなことをするの?

結婚は簡単だけれど、離婚は大変なのよ……という声を聞いたことはありませんか?

その通りで、離婚届にサインしただけでは別れられません。

特に、離婚したあとの再出発の際に必要になるお金に関わる「財産分与」は重要です。

さて、いったい財産分与ってどんなことをするのでしょうか。

家庭に、大きな財産はありますか?

財産分与とは、婚姻期間中に築き上げた財産を分割するということ。

今後のリスタートに必要不可欠なので、きちんと行いたいところです。

特に女性は、離婚すると決めたら「お金なんて要らないから早く別れたい!」といって、つい男性に有利になるような条件での分割に応じてしまうケースが多いので注意が必要です。
離婚を考えたとき、まず、家庭に大きな財産があるかどうかを確認しましょう。

車や家、マンションといった大きな財産は分与の際にトラブルになりやすいので注意が必要です。

更に、財産分与では借り入れているお金も分与の対象なので注意が必要です。

自宅という財産を得る代わりに、借り入れている金額の返済に追われるという義務も生じてきますので、気を付けて分与の協議をしましょう。

保険も立派な財産なので注意しましょう

忘れてしまわれがちですが、財産分与時には個人年金や、お子さんのいらっしゃるご家庭だと組んでいることのある学資保険といった保険も財産になるので注意が必要です。

特に、名義がご主人の場合は、この財産を引き継ぐ場合は名義変更にも応じてもらわないと、受けとりの際にお金が元配偶者へ入金されてしまうといった事態を引き起こします。

そもそも、将来的なことを考えて、全ての名義は自分にしておくほうが得でしょう。

へそくりを作るにしろ、保険証券を手元に置いておくにしろ……自分名義のものの方が、メリットがあるのです。

相手方への配分の際に、手間がかかることから相手方が諦めてくれやすいというのもあるのです。

半々が通常ですが……

さて、通常財産分与は半々が主ですが、もしも特別な自由が絡んでの離婚の場合は状況が変わることがあります。

たとえば、不倫といった不貞行為による離婚で、慰謝料も併せて請求する場合だと財産分与から慰謝料が引かれるというケースがあるのです。

また、配偶者の暴力(DV)による離婚の場合も同様で、慰謝料を含んでの財産分与となるので半々というよりも、被害側であれば多く財産を手にして離婚することが出来るのです。

なにかと煩わしい財産分与ですが……

面倒になって、つい「もういいから早く別れよう!」なんて言ってしまいたくなりますが、今後の経済状況を大きく左右するので真剣に向き合って、貰うべきところは貰っておくように協議を進めることをオススメします。

年金の分割も受けられるので、離婚時の財産分与について細かに専門家の指導を仰ぐことも可能です。

無料法律相談などを最大限に活用して、自分に損のないように離婚をしましょうね。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)