雇用主からいきなりクビを告げられた!このまま素直に辞めるべき?

雇用主からいきなりクビを告げられた!このまま素直に辞めるべき?

手厚く守られている正社員とは違い、非正規雇用であるパートタイマーは解雇されやすいという現実があります。

パートとはいえ仕事が楽なわけではないし、真面目に一所懸命働いているのに、雇用主側の都合で突然「もう来なくていいよ」と言われてしまうのですから、たまったものじゃありませんよね。

クビを宣告されたら、そのまま素直に引き下がらなくてはいけないのでしょうか?

不当な理由で一方的に解雇することはできない

従業員を解雇する場合、パートだからといって不当な理由がまかり通るわけではありません。

正規雇用の正社員と同じく、合理的で社会通念上も問題のない理由がある場合を除き、解雇通告は拒否することができるのです。

たとえば、女性によくありがちな解雇理由に「子供ができると今までのように働けないから」というものがありますが、これは労働基準法によって解雇を禁止する項目に該当します。

妊娠を理由に仕事を怠けていた、他の人に仕事を押し付けて帰ってしまうなど、雇用主側に著しい不利益を与えていたならともかく、真面目に働いていたのであれば安易に退職届を書かないようにしましょう。

解雇予告は1ヶ月前にしなくてはならない

突然「明日からもう来なくていいよ」と言われてしまうと、次のパート先を探す余裕もなく困ってしまいますよね。

法律では、パートに解雇を言い渡す場合、それは1ヶ月前でなくてはならないと決められています。

これに違反した場合は30日分以上の賃金を払うことになっているので、突然のクビ宣告には安易に同意しないようにしましょう。

怪しい求人の見分け方

平気で不当解雇をするような職場では、労働者の価値が軽視されているため、人の入れ替わりが激しいという特徴があります。

求人誌の常連になっているところは要注意!

よほど居心地が悪いか、雇用主側が簡単にクビにしている可能性が高いでしょう。

また、やたらと「アットホームな職場です」とアピールしているところも、内情はその逆だったというケースが多いです。

アットホームなのはベテランの従業員たちの間だけで、新しく入ってきた人には辛く当たるため、なかなか続かないのですね。

もちろん、本当に温かい雰囲気の職場もあるので、面接や試用期間の際によく観察してみましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)