女性の車の運転苦手を克服!車を安全に運転するためのポイント

女性の車の運転苦手を克服!車を安全に運転するためのポイント

女性には「運転が苦手」という人が少なくありません。

男性とは脳の構造が違うとか、もともとあまり車に興味がないから上達しないとか、その原因には様々な説がありますが、自動車学校の先生に隣で指示されるとスムーズに運転することができたように、女性でもコツさえ覚えてしまえば大丈夫。

自信のないままハンドルを握ると重大な事故にもつながりかねないので、安全運転のポイントをおさらいしておきましょう。

運転中は絶えず周りに気を配る

道路を走行中に無理やり車線変更したり、突然ブレーキを踏んだりする。

このようなことをしてしまう人は、自分の前しか見えていません。

日本の道路は狭くて幅がギリギリなので、絶えず他の車や歩行者の動きに気を配っていないと非常に危険。

バックミラーやサイドミラーを見る癖をつけ、周囲の状況を正確に把握するようにしましょう。

初めて行くコースは事前に練習しておく

慣れた道ならスイスイ運転できる人も、初めて行くところでは緊張してパニックを起こしやすくなります。

カーナビを使っていたとしても、目的地の近くまで来ると急に案内をやめてしまうので、結局そのあたりをウロウロ探さなくてはならないことも多いのですよね。

全くのぶっつけ本番で行くより、事前に下見しておくと気持ちに余裕が持てるので、時間のある時に練習しておきましょう。

その際、気を付けるべきポイントや、曲がり角の目印などをメモしておくとより安心です。

体調の悪い時は車の運転を見合わせる

男性と違って、女性は毎月の生理や更年期障害などで心身に影響が出やすく、それが車の運転にはっきりと現れてしまいます。

いつもは気にならない些細なことでイライラしたり、気分が悪くて周囲を確認する余裕が持てなかったりすると危ないので、冷静に運転できる状態でない時はハンドルを握るのをやめましょう。

スケジュールを立てる時も、車を使う用事はできるだけ生理予定日を外して入れておくと良いですね。

また、眠気を引き起こす薬を飲んだ時も、念のため公共交通機関やタクシーを使うことをおすすめします。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)