胸にボツボツが!その旨のボツボツ、実は単なるニキビではないのかも?

胸にボツボツが!その旨のボツボツ、実は単なるニキビではないのかも?

胸にボツボツが発生していると、多くの人はそれを「ニキビ」だと思ってしまうでしょう。

そう考えてニキビ用の薬を塗っても、なかなか治らない、そういった時にはそれは単なるニキビではなく「マラセチア毛包炎」である可能性があります。

そこで、マラセチア毛包炎について解説していきます。

マラセチア毛包炎とは

まず、マラセチア毛包炎がどのような病気であるのかを解説していきます。

あまり聞き慣れない病名かもしれませんが、誰にでも発症する可能性のある病気なのです。

マラセチア毛包炎とは?

マラセチア毛包炎とは、「マラセチア(癜風菌)」と呼ばれるカビの一種が胞子の形のままで毛包内で増殖することで引き起こされる毛穴の炎症の病気です。

症状からして「ニキビ」と間違えやすいのですが、一般的なニキビとは原因が異なり、それゆえに有効な対処方法も違ってきます。

マラセチア毛包炎の原因

マラセチア毛包炎の原因は毛穴の炎症で、これは主に2種類のプロセスがあります。

まず、マラセチアを「異物」として認識した免疫反応の結果としての炎症、もう一つはマラセチアが皮脂を分解した際の代謝物が刺激となって炎症を起こしているパターンです。

汗ばむ暑い時期に発症しやすいのも特徴です。

ニキビとは違うの?

症状は極めてニキビに近いものがあるのですが、ニキビとマラセチア毛包炎は全く別の病気です。

その根本的な違いは、その原因となる菌の種類が異なることです。

一般的なニキビの原因は、皮膚の常在菌である「アクネ菌」なのですが、マラセチア毛包炎の場合はカビの一種であるマラセチアで引き起こされます。

マラセチアもアクネ菌と同様に皮膚の常在菌ではあるのですが、細菌とカビの違いがあるので、アクネ菌には有効な薬もマラセチア毛包炎の治療には奏功しないのです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)