胸がプクプクと鳴る、胸のプクプクは「気胸」が原因なのかも?

胸がプクプクと鳴る、胸のプクプクは「気胸」が原因なのかも?

ふと、胸のあたりが「プクプク」と鳴り、呼吸に関する症状がみられる場合には「気胸」という病気が疑われます。

気胸の症状が進むと危険な状態になる可能性があり、その危険性はきちんと理解しておく必要があります。

そこで、気胸について簡単にまとめてみました。

気胸について

まず、そもそもに「気胸とは何か?」というところから解説していきます。

あまり聞き慣れない病名かもしれませんが、誰にでも発症の可能性がある病気なのです。

気胸とは?

気胸とは、胸腔内に気体が溜まって肺を圧迫し、呼吸ができなくなる病気です。

胸腔内に入り込んだ空気が肺を圧迫することで、空気圧が上昇して肺が収縮を起こし、呼吸に障害をもたらします。

自然気胸

気胸は、その多くが「自然気胸」に分類されています。

自然気胸とは、肺胞の一部が嚢胞になったものや胸膜直下の嚢胞が破れることで、そこから空気が胸腔内に漏れ出してしまう病気です。

嚢胞が破れる原因が明確ではないため、「自然」気胸と呼ばれています。

外傷性気胸

外傷性気胸は、何か大きな力が胸壁に作用することで、胸腔内に空気が入り込む病気です。

自然気胸ほど多く見られるものではありませんが、交通事故などによって引き起こされることが多いです。

気胸の症状

では、仮に気胸を患った場合にはどういった症状を自覚することになるのでしょうか?

胸の痛み

気胸での主な症状は「胸の痛み」です。

運動時などに症状が現れることが多く、安静にしていることで症状が回復することが多いです。

呼吸困難

気胸では、他にも「呼吸困難」が目立つ症状として挙げられます。

胸腔内の空気によって肺が収縮を起こし、空気を取り込めなくなることが原因です。

特に激しい運動をした時に目立つ症状が現れることが多く、安静にすることで次第に快方に向かいます。

呼吸困難が重度なものの場合、チアノーゼ(皮膚などが紫色に変化する)がみられることも多いです。

呼吸困難に伴い、激しい動悸や乾いた咳、頻脈などを起こすことも多いです。

胸壁創からの音

「開放性気胸」の場合、胸壁創から音が鳴ることが多いです。

胸部の胸壁創から空気の出入りを確認することができ、音の特徴としては「シュッシュ」あるいは「ブーブー」といった感じの音を聴きとることができます。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)