胸にポツポツしたものが!胸にできたポツポツは「接触性皮膚炎」かも?

胸にポツポツしたものが!胸にできたポツポツは「接触性皮膚炎」かも?

着替えの際、鏡を見た時などで胸を確認したとき、胸にポツポツとできものができていることがあるかもしれません。

多くの場合、それは「胸ニキビ」であると推測されますが、場合によってはニキビの対策で症状が改善されない場合もあります。

その場合にはいくつかの原因が考えられるのですが、今回はその中の一つ「接触性皮膚炎」について解説していきます。

接触性皮膚炎とは

接触性皮膚炎、聞き慣れない病名だと思う人も少なくないでしょう。

接触性皮膚炎がどういった病気なのか、その基本的な内容から解説していきます。

接触性皮膚炎について

接触性皮膚炎はその名前の通り、「皮膚にある物質が接触したことが原因」で起こる皮膚炎です。

接触性皮膚炎にはいくつか種類があり、「急性毒性皮膚炎」「慢性刺激性皮膚炎」「アレルギー性皮膚炎」があります。

「急性毒性皮膚炎」は、ある物質が肌に接触しすぎることで起こります。

「慢性刺激性皮膚炎」は、一時的には安全であるものの、ある物質が長い間皮膚に接触した結果起こります。

「アレルギー性皮膚炎」とは、ある物質が皮膚に触れたことによるアレルギー反応が原因で起こります。

また、アレルギー性皮膚炎は、ある物質が皮膚に接触した箇所がアレルギー反応を起こすほか、その場所に日光や蛍光灯などの光が浴びせられることでさらにアレルギーを引き起こす「光アレルギー性皮膚炎」もあります。

接触性皮膚炎の原因

では、接触性皮膚炎を引き起こす直接の原因は何でしょうか?

肌着との摩擦

弱い刺激を繰り返すことで発症する慢性刺激性皮膚炎の原因は、肌着との接触やリンスなどの肌に触れる可能性のある物質によるものです。

急性症状をもたらすような原因ではなく、日常的な原因によるものですが、これを長期的に繰り返し接触することで皮膚炎の症状が現れます。

化学薬品など、刺激の強いものの付着

毒物など触らないから「急性毒性皮膚炎」にはならない、ということはありません。

日常にあふれている化学薬品、例えば家庭用化学物質。または仕事で使う業務用化学物質は、いつの間にか付着していることがあります。

それらに気づかないでいると、急性毒性皮膚炎を起こしてしまうことがあります。また、

通常の使用方法では皮膚炎を起こさないような物質であっても、使用法を間違えてしまうと強い症状を引き起こす可能性があります。

アレルギー物質との接触

アレルギー性皮膚炎の場合、文字通りアレルギーの原因となる物質との接触で引き起こされます。

どういった物質がアレルギーの原因となるかは人によって異なりますが、胸に症状が現れている場合にはアクセサリーに使われている金属や化粧品などが主な原因として考えられます。

それ以外にもゴム製品や香水、化学物質や外用薬など、日常的に接触の可能性があるさまざまな物質が原因として考えられます。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)