胸がポキポキ鳴るのは異常!?胸がポキポキと鳴るのは病気?それとも…

胸がポキポキ鳴るのは異常!?胸がポキポキと鳴るのは病気?それとも…

何らかの動作によって、胸のあたりで「ポキポキ」と鳴ることがあるかもしれません。

普段、胸からポキポキとした音が鳴ることは無いでしょうから、そうした異常を自覚したら病気かと疑ってしまうことでしょう。

そこで、胸がポキポキ鳴る原因について解説していきます。

胸の骨が鳴っているケース

まずは、ポキポキとした音の原因が「骨」であるケースについて解説していきます。

胸の骨が鳴っている

皆さんは、指の骨をポキポキと鳴らしたことはあるでしょうか?

胸の骨がポキポキと鳴る原因は、それと同じメカニズムである可能性もあるのです。

他にも、首の骨が鳴るのと同じメカニズムであるとも言えますが、胸がポキポキと鳴るのはあまりイメージができないかもしれません。

しかし、胸にも骨がある以上、骨に由来する音が鳴ること自体はおかしな話ではありません。

骨がポキポキ鳴る原因は?

骨がポキポキと鳴る原因については、詳しい原因は解明されていませんが、主な原因としては関節部分の「気泡」であるとされています。

ただ、意図的に骨をポキポキと鳴らせることは良いこととは言えません。

最終的に骨や周囲の組織に悪影響をもたらす原因となる可能性があります。

ある程度は気持ちの良さもあるかもしれませんが、いつの日かそれが悪影響の塊となってくる可能性もあります。

意図的に胸の骨を鳴らしている人は、すぐにその癖をやめるべきであるとアドバイスさせていただきます。

気胸

次に、胸のポキポキの原因として「気胸」という病気について解説していきます。

気胸ってどんな病気?

気胸とは、肺の周囲の空間に空気が入り込むことで、圧力が下がって肺が萎縮を起こす病気です。

この空間を「胸腔」呼ぶのですが、普段は圧力が低くなっていて肺が膨張できることで空気を取り込むのですが、胸腔内の圧力が上昇することで肺が萎縮して膨張できなくなり、呼吸に関する症状をもたらします。

気胸の症状

気胸の症状としては、主に呼吸困難と胸の痛みを伴うことが多いです。

気胸は肺が萎縮を起こすため、空気を上手く取り込むことができなくなり、チアノーゼを伴うような呼吸困難を起こすこともあります。

気胸は詳しい原因が特定できないことが多い「自然気胸」と、外的要因の「外傷性気胸」に分類されますが、後者の場合には胸膜創から呼吸に連動して音が鳴ることが多いです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)