胸がもやもやする…胸のもやもやは病気?うつ病や自律神経との関係性は

胸がもやもやする…胸のもやもやは病気?うつ病や自律神経との関係性は

特に意味もなく、長期間にわたって胸がもやもやしてしまい、日常生活にも支障が出ている、そんな状況をいつまでも続けていても何の解決策にもなりません。

胸のもやもや感、直近にそれなりの原因が見当たらなければ病気を原因としているかもしれません。

そこで、胸のもやもや感と病気の関係性についてまとめてみました。

胸のもやもやと病気

まず、胸のもやもやが病気なのかどうかについて考えてみました。

気になることがあるのなら

まず、通常の現象として「気になることがある」のであれば、その胸のもやもやはその気になることを原因としているのだと推測されます。

厳密にいえば、気になることを気にしているという、その精神状態がというのが正しいのかもしれません。

そうであるのなら、気になることが何であるのかを自覚し、気になっている原因が何であるのかを推測・確定し、解決することで胸のもやもやは解消されるでしょう。

気になっていることが分からないのであれば

しかし、もし気になっていることがはっきりと分からない場合、胸のもやもやは病気を原因としている可能性があります。

無意識に気にしている何かがあるのかもしれませんが、それがいつまでも続くのであれば、やはり病気を原因としている方が正しいと思われます。

もちろん、忘れている何かを思い出す努力は必要でしょうが、努力しても記憶の中に胸のもやもやをもたらしている出来事が見当たらないのであれば、病気を原因としている可能性が大いに考えられます。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)