胸の色がおかしい?胸の変色を確認…胸が変色しているのは病気が原因?

胸の色がおかしい?胸の変色を確認…胸が変色しているのは病気が原因?

胸を確認したときに、一部分が変色しているのを確認しているのを見て、病気ではないのかと疑ってしまう人は少なくありません。

胸に限らず、皮膚が変色していれば誰だって不安になりますから、当然と言えば当然です。

では、胸の変色を確認した場合にはどんな原因が考えられ、どういった対処が適切なのか、簡単にまとめてみました。

胸の変色の原因

まず、胸の変色の原因について簡単にまとめてみました。

変色を起こしているからには、なんともないとはまず言えません。

内出血によるもの

まず考えられる原因としては、内出血を起こしていることで変色を起こしている可能性です。

最初は青っぽく変色し、次第に黄色味を帯びることが多く、最後には茶色く変色して消失することが多いです。

変色の期間については個人差があるので何とも言えませんが、基本的には危険性は少ないと言えます。

「内出血を起こすような打撲の覚えはないけどなぁ」とおっしゃられる方も多いでしょうが、今までの人生で経験してきた青あざ(青血とかの言い方もありますが)が全て原因との特定できるものだったでしょうか?

本人が自覚していない原因で青あざを作っていることは十分に考えられますので、打撲の覚えが無くても内出血を起こしていることによる内出血である可能性は十分に考えられます。

皮膚疾患による変色

次に考えられる原因は「皮膚疾患」です。

「湿疹」や「じんましん」といった疾患が考えられます。

胸の特有と言うわけではないのですが、可能性としては十分に考えられるものです。

胸の病気に由来する変色

疾患の中でも、皮膚疾患ではなく胸に特有の病気を原因としている変色の可能性もあります。

「乳腺炎」などで、症状に応じて青黒くなったり赤く変色することも考えられます。

乳腺炎以外にも、場合によっては「乳がん」の症状として胸が変色するケースもあります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)