胸に変化が発生!胸の変化に気が付いたら様子見?病院?どう対処する?

胸に変化が発生!胸の変化に気が付いたら様子見?病院?どう対処する?

胸を確認してみたら、いつの間にか見慣れない変化をしている、そんな可能性も十分に考えられます。

その変化、ひょっとしたら何か危険な病気を原因としている可能性があります。

そこで、胸の変化にはどのようなものが考えられ、どういった対処をするのが正しいのかについて考察してみました。

胸の変化の種類

まず、胸にどのような変化が発生するのかについてまとめてみました。

見た目の変化

まず、見た目でわかる変化です。

例えば「赤くなっている」と言うものが分かりやすく、皮膚疾患でよくみられる「発赤」と呼ばれる症状です。

色の変化であれば、他にも「青」「黒」「茶色」といった様々な変化が考えられます。

色以外では、発赤に伴って「水泡」「湿疹」などの変化を伴うことも多いです。

見た目の変化は他人にも分かるものであり、本人ではなく他人の指摘で初めて気が付くというケースも少なくありません。

触診での変化

次は「触ってわかるような変化」です。

「しこり」などのように、体の一部分の硬さが変わっている変化が分かりやすいかと思います。

しこり単体ではなく、他の症状が併発しているケースも多いです。

内的な変化

次は「内的な変化」で、外見では分からない変化があります。

分かりやすいものでは「痛み」「熱感」などが挙げられます。

特に痛みについては「鈍い痛み」「鋭い痛み」「チクチクした痛み」「ズキッとした痛み」など、様々な表現方法があります。

外見では分からないため、他人には理解できないところが多いです。

分泌物での変化

中には、胸から何かしらの分泌物が発生するケースも考えられます。

血液や膿が混じることで、色の変化を伴うこともあります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)