胸に変な臭いが!胸の臭いの原因とそれに対して有効な対策とは?

胸に変な臭いが!胸の臭いの原因とそれに対して有効な対策とは?

妙な臭いがする、その臭いのもとをたどってみるとどうにもそれは自分の「胸」であることが分かってしまった。

臭いが自分の体から出ているともなれば、女性にとってそれは即座に対処したい事態でもあります。

そこで、胸の臭いの原因と、それに対して有効な対策について簡単にまとめてみました。

胸の臭いの原因

まず、なぜ胸が臭うようになるのか、その根本的な原因について解説していきます。

胸の臭いは「汗の臭い」

基本的に、胸が出している臭いの原因は「汗の臭い」です。

胸は基本的に一日中、衣服や下着によって覆い隠されているため、通気性が悪く、特に気温の高い時期には汗を多くかくことになります。

汗は臭わない

とは言え、多くの人が勘違いしているのですが、汗そのものは臭わないのです。

それでも、汗をかいてシャワーなどで洗い流さないと、独特の不快な臭いを放ってしまいます。

では臭いの元は何なのでしょうか。胸には汗を出す2つの汗腺があります。「エクリン腺」と「アポクリン腺」です。このアポクリン腺から出る汗は、水分が少なく汗に混じって様々な物質を分泌します。その分泌物に皮膚の常在菌が集まってきます。その菌が汗を分解すると、不快な臭いを出します。

胸に分布しているアポクリン腺から分泌される成分豊富な汗を常在菌が分解する、というプロセスが、胸の臭いの大きな原因となっています。

「皮脂」も大きな原因の一つ

もう一つ、毛穴に存在している「皮脂腺」から分泌されている「皮脂」も、常在菌の分解の対象となる物質であり、臭いの原因となります。

特に汗と混ざり合うことで常在菌の好む環境を作り出してしまい、常在菌の繁殖を促すことで余計に胸の臭いを強めてしまいます。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)