胸が熱いのは恋?いえ、胸が熱い感覚は病気の可能性が心配される‥

胸が熱いのは恋?いえ、胸が熱い感覚は病気の可能性が心配される‥

突然、胸が熱い感覚に襲われることってありませんか?

「胸が熱くなる」と言う表現はありますが、精神的なものではなく、実際に「熱感」としての症状が発生している場合、何らかの病気が原因である可能性があります。

そこで、胸が熱い原因となる病気についてまとめてみました。

狭心症

まずは「狭心症」です。

命にもかかわる可能性のある病気であり、早めに治療を行うことが必要になります。

狭心症とは?

狭心症は、心筋に血液を送る「冠動脈」が狭窄を起こし、特に運動時に血液流入量を十分に確保できなくなる病気です。

多くの場合は労作時の胸痛などの症状を引き起こし、胸が焼け付くような感覚を覚えることがあります。

中には安静時に症状が現れることもあります。

狭心症の原因

狭心症の原因となる冠動脈の狭窄の原因して最も大きな要因となるのは、動脈硬化によるものです。

糖尿病や高血圧、脂質異常症などに引き続いて起こる動脈硬化によって血管の狭窄が起こり、血液が多く流れなくなります。

運動時には血液流入量を増やすために冠動脈が拡張するのですが、動脈硬化に伴う冠動脈の狭窄は十分な範囲を確保できず、運動量に見合うだけの血液量を送り込めません。

そのため、運動時に症状が現れることが多いのです。

狭心症の治療

狭心症の治療は、基本的に「薬での療法」「カテーテル治療」「外科手術」の中から、患者の状態や病気の進行状況などに応じて選択されます。

薬での療法は他の2つの治療法にも併用され、負担の少ないカテーテル治療で再発のリスクがある場合には外科手術が選択されることが多いです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)