胸のあせもがかゆい!煩わしい胸のあせもの原因や対策について

胸のあせもがかゆい!煩わしい胸のあせもの原因や対策について

皆さんは「あせも」ができたことが一度くらいはあるかと思いますが、かゆみをもたらすあせもが胸にできてしまうと鬱陶しく感じてしまいます。

命に関わるようなものではないにしても、他の病気との判別も必要になりますし、胸にあせもができても何のメリットもありません。

そこで、胸にあせもができる原因とその対策についてまとめてみました。

あせものメカニズム

まず、胸に限らず、あせもができてしまう原因について解説していきます。

あせもとは?

あせもは、夏場などの汗をかく時期に発生しやすい肌トラブルの一つで、赤いブツブツとかゆみをもたらすことが特徴です。

一般的には赤みのあるぶつぶつができ、かゆみをもたらす「紅色汗疹」と呼ばれる病態が生じるのですが、症状が軽く赤みの無い「水晶用汗疹」と呼ばれる症状がみられることもあり、かゆみが無いため発症しても気が付きにくいという特徴があります。

あせもの原因

あせもが生じる原因は、汗を大量にかくことで皮膚の中に汗が溜まることで水ぶくれや炎症を起こすことです。

夏場のように大量に汗をかく時期だと、汗が皮膚の中に溜まってしまい、溜まった汗が皮膚の下にある「汗管」と呼ばれる管上の腺から周囲の組織に漏れ出してしまい、炎症などを引き起こしてしまいます。

もちろん、季節性は絶対のものではなく、高温多湿で変え通しの悪い場所での運動や、疾患を原因として大量に発汗するなどの要因で発症することも十分に考えられます。

帽子や包帯など、身に着けるものを原因としてあせもが生じるケースも考えられます。

胸にあせもが生じやすい原因

では、胸にあせもができやすくなる原因がどこにあるのかについて解説していきます。

汗っかきな胸

普段から衣服や下着によって分厚く保護されている為、汗をかいてもなかなか拭けず、そのままにしがちな箇所が胸です。

他の部位に比べて開放的な衣類・衣装を着る機会も少なく、年中を通して風通しが悪くなっています。

特に夏場はかなり蒸れてしまうので、あせもができやすい環境となってしまいます。

なので、あせも以外にも汗に由来する肌トラブルや疾患ができやすい部位でもあり、ケアが必要なケースが多くなります。

ブラジャーの種類によってはさらにリスクが高まる

女性の中にはいわゆる「胸を小さく見せるブラジャー」や「谷間を作るブラジャー」などを着用している人がいます。

それぞれに用途があって使うものではあるのですが、これらのブラジャーは胸を寄せるような造りになっており、胸の谷間に汗が溜まりやすくなってしまいます。

結果、あせもができやすくなってしまうのです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)