胸の湿疹はアレルギー?胸に湿疹が起こる原因として考えられる病気とは?

胸の湿疹はアレルギー?胸に湿疹が起こる原因として考えられる病気とは?

直に、もしくは鏡で見たときに胸に「湿疹」が起きているのを確認すると、どうしてもその見た目の問題がありますので早めに解決したいものです。

その原因が病気であるとすると、その病気を特定しなければ治療することもできません。

そこで、胸に湿疹を起こす病気についてまとめてみました。

接触性皮膚炎

まずは「接触性皮膚炎」です。

接触性皮膚炎とは?

接触性皮膚炎は、何らかの原因によって皮膚に与えた刺激が原因となり、皮膚に炎症を起こす病気です。

いくつかの種類がありますが、日常的に起こり得るものとしては「アレルギー性接触皮膚炎」と「慢性刺激性皮膚炎」が考えられます。

接触性皮膚炎の症状

接触性皮膚炎は原因物質からの刺激が少ない場合には炎症を起こさず、患部の角質が剥がれ落ちる現象が発生します。

ある一定以上の刺激を受けてしまうと、丘疹や水疱などに加えて、患部は痛みを伴う発赤を起こします。

場合によっては熱傷を起こした時のような大きな水疱を形成することもあります。

接触性皮膚炎の治療

接触性皮膚炎による皮膚炎は、ステロイド薬や抗ヒスタミン作用のある薬で対処することができます。

しかし、それはあくまでも対症療法であり、根治治療のためには接触性皮膚炎を引き起こしている物質を特定する必要があります。

胸の接触性皮膚炎の場合、胸に接触する下着類や衣類、ネックレスの材質が問題となっていることが多いです。

そのため、取り外せるものは外し、衣類など必要不可欠なものの場合には代替品を探す必要があります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)