胸が肉離れって起こすことあるの?大胸筋の肉離れについて

胸が肉離れって起こすことあるの?大胸筋の肉離れについて

「肉離れ」と聞くと、多くの人は「ふくらはぎ」などの部位を想像するかと思います。

ニュースなどで、スポーツ選手が試合中や練習中に肉離れを起こしたという内容が報道されることがあるかと思いますが、肉離れが胸に起こるということは想像できるでしょうか?

胸にも「大胸筋」という筋肉がありますが、これは肉離れを起こすのでしょうか?

肉離れとはどんな病気か?

そもそもに「肉離れってどんな病気?」と言う人も多いのではないかと思います。

ニュースなどで耳にする機会も多い肉離れですが、医学的にみるとどのような状態のことを言うのでしょうか?

肉離れとは?

肉離れとは、急激な筋肉の収縮によって筋膜や筋線維の一部が損傷する状態のことを言います。

完全に断裂している場合には「筋断裂」と呼びます。

直接的な外力に伴う「打撲」とは区別する必要があります。

ふくらはぎの肉離れは各年齢層に幅広く発生しますが、大腿部の肉離れに関しては20歳前後の若者に多く見られる傾向にあります。

場合によっては、腱付着部の剥離骨折を伴うことがあります。

肉離れの症状

損傷の状態によって症状も異なりますが、痛みを伴うことが多いです。

筋肉の機能に関しては、機能面においては問題なく動かせるのですが、痛みが伴うために事実上その部位を動かせなくなることが多いです。

足の肉離れの場合、そのまま歩行の困難さにも強く影響することになります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)