胸が痙攣して不安増幅!急な胸の痙攣の意味と対処法とは?

胸が痙攣して不安増幅!急な胸の痙攣の意味と対処法とは?

突然、胸が痙攣を起こしていると不安になりませんか?

胸には重要な臓器が多数存在し、痙攣を起こしているということはそれらの臓器に何かしらの異常が発生しているのではと不安になってしまいます。

そこで、胸の痙攣についてまとめてみました

痙攣とはどんな症状なのか?

まず、そもそもに「痙攣とはどんな症状か?」と言うところから解説していきます。

痙攣はなぜ起こる?

さまざまな理由で、筋肉が自分の意思に関係なく収縮を繰り返すことで起こります。

痙攣には様々なパターンがありますが、大きく分けると「全身性の痙攣」と「体の一部分の痙攣」に分けることができ、胸の痙攣は後者に該当することになります。

痙攣を起こす原因

痙攣が起きる原因には、実に様々なものが考えられます。

体の一部分に何か異常がみられる場合や、全身疾患が原因で痙攣を引き起こしている場合、そもそもに体に異常があるのではない場合などがあります。

痙攣の原因を特定するにあたって重要になるのは、それが「てんかん」によるものか、そうでないかの区別です。

異常が見られない場合では、スポーツの際に起きることが多い「こむら返り」が良い例でしょう。

胸の痙攣

では次に、胸の痙攣について解説していきます。

本当に痙攣なのか?

確かに、胸にも筋肉はありますので、痙攣を起こすこと自体はおかしなことではありません。

しかし、その症状が本当に痙攣であるかどうかは分かりません。

普段、震えるような部位でなければ、それは痙攣であると自覚しやすいでしょう。

しかし、胸の場合には生きている限り動いている「心臓」があり、その鼓動を痙攣であると錯覚している可能性もあります。

もちろん、通常の拍動であれば何の問題もありませんが、心臓の場合には「動悸」と言う症状があります。

動悸について

心臓は常に動いています。脈拍についても普段は意識しません。

ですが、ふいにその心臓の鼓動が気になったり息苦しさを感じたりして、気持ち悪さを感じることを動悸と言います。

良く言う表現として「心臓がどきどきする」「心臓がバクバクする」と言った表現をするもので、必ずしも心拍数の上昇を伴うものではありません。

動悸の症状は日常生活の中でも感じることが多く、例えば一定以上の激しい運動をしたり、ホラー映画を見て怖がったりするなどでも動悸は発生します。

しかし、動悸を症状とする病気は数多く存在し、中には命に関わるような危険な病気も含まれています。

動悸を自覚したからと言ってそれだけで原因疾患の特定ができるわけではなく、素人がその危険性を測ることは極めて危険であると言えます。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)