胸のリンパが腫れる理由が気になる!胸のリンパの腫れの原因と有効な対処法

胸のリンパが腫れる理由が気になる!胸のリンパの腫れの原因と有効な対処法

胸のリンパが腫れているとなると、ただごとではないと慌ててしまう人も少なくありません。

しかし、慌てていると対処が遅れてしまい、場合によっては命にかかわるような可能性だって否定することは出来ません。

そこで、胸のリンパが腫れる原因と、胸のリンパが腫れているのを確認した場合に必要な対処法について解説していきます。

乳がん

まず、考えられる原因としては「乳がん」が挙げられます。

女性が発症するがんの中でも最も多く見られる乳がん、どういった症状を呈するのでしょうか?

乳がんの症状

乳がんでは、乳房腫瘤、多くの人が「しこり」と認識するものが生じます。

このしこりは9割が「痛みを伴わないしこり」ですが、これが他の病気との識別内容となることもあります。

同様にしこりを生じる病気として「乳腺症」などの病気が挙げられますが、乳腺症の場合はしこりに痛みが伴うことが多いのです。

つまり、常にそうだとは言えないのですが、しこりが発生して痛みがない場合には、乳がんである可能性が高くなるということなのです。

なぜリンパが腫れるのか?

乳がんによってリンパが腫れる原因は、がん細胞によってリンパの流れがせき止められてしまうことにあります。

これによってリンパに腫れが生じ、腕のむくみやしびれなどの症状をもたらす可能性もあります。

乳がん以外の原因

しかしながら、胸のリンパが腫れる原因は、乳がんだけではありません。

しかも、乳がんよりももっと身近な原因で胸のリンパが腫れることがあるのです。

ストレスや疲労

乳がん以外で考えられる原因として、まず「ストレス」や「疲労」といった原因が挙げられます。

ストレスや疲労が身体に蓄積すると、体の抵抗力が奪われてしまいます。

その結果、リンパの流れが悪くなったり感染症を起こしやすくなりすることで、胸のリンパの腫れをもたらします。

風邪

最も身近な病気の一つとして数えられる「風邪」でも、リンパの腫れをもたらす可能性があります。

風邪の場合、何らかの原因で細菌がリンパに入り込んでしまい、炎症を起こすことが考えられます。

こうした原因は胸に限定的な原因とはなりませんが、リンパが存在している以上は胸に発生してもおかしな話ではありません。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)