胸から分泌液が!胸から出る分泌液の原因は「乳がん」が関係している?

胸から分泌液が!胸から出る分泌液の原因は「乳がん」が関係している?

胸から何らかの分泌液が出てきた場合、体の異常を感じ取ることになるでしょう。

体の異常、つまり「病気」である以上、原因となる疾患を特定しなければなりませんが、その一つとして「乳がん」が挙げられます。

そこで、乳がんを患った際の胸からの分泌液の特徴と、それ以外の可能性について解説していきます。

乳頭から出るもの

乳がんになると、乳頭から分泌液を出すことがあります。その特徴を説明します。

乳がんの分泌液の特徴

乳がんを患った際に分泌液が出ることがその症状として挙げられますが、その特徴としては「血液が混じっていることが多い」ということが挙げられます。

血液の混じり方には個人差がありますが、はっきりと血液が混じっていると自覚できることでしょう。

ただし、常に血液が混じっているわけではない点にも注意が必要です。

乳がんのその他の症状

乳がんには、胸からの分泌液以外にも様々な症状が見られます。

代表的な症状としては、胸に「しこり」が生じることです。

しこりの特徴としては、痛みを伴わないことが多いという事が挙げられますので、痛みを伴うしこりが生じる「乳腺症」との識別がしやすくなります。

全体の90%の乳がんは無痛です。ただ、まれにですが痛みのある乳がんも存在はします。

また、「炎症性乳がん」のように、皮膚に何らかの症状が現れるケースも有ります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)