紅斑って皮膚の異常?胸に紅斑が!胸の紅斑の原因や対処法をチェック

紅斑って皮膚の異常?胸に紅斑が!胸の紅斑の原因や対処法をチェック

突然、胸に「紅斑」を見つけたら、誰だって異常が発生していることを自覚します。

胸の紅斑にはどんな原因が考えられるかを性格に把握しないと、対処法もわからないものです。

そこで、胸に紅斑ができる原因と、それに対する対処法について解説していきます。

紅斑について

まず、そもそも「紅斑とは何か?」というところから解説していきます。

発疹の一形態

紅斑とは、一般的に「発疹」と呼ばれる症状の一形態です。

発疹は、皮膚に発生する見た目の変化のことを指し、紅斑以外にも「水疱」「紫斑」「結節」がこれに含まれます。

紅斑とは

肌に赤い斑点が浮き出ている状態です。原因は毛細血管の膨張などがあります。

皮膚に熱を帯びることはないのですが、動脈の拡張などの合併症が発生している場合には、皮膚の温度が上昇することもあります。

紅斑の特徴

紅斑と似たような症状に、同じ発疹に分類される「紫斑」と「色素沈着」が挙げられます。

これらとの鑑別は、原因疾患の特定において重要なのですが、病変部を圧迫することで鑑別することが出来ます。

紅斑の場合、病変部を圧迫することで消失するという特徴があります。

紫斑や色素沈着の場合には、病変部を圧迫しても消失しません。

病変部を圧迫することで消えるのは、それが紅斑であるという証拠になります。

紅斑の種類

紅斑は、さらに幾つかの種類に分類することが出来ます。

原因によって「結節性紅斑」「伝染性紅斑」「多型滲出性紅斑」という種類にわけられます。

それぞれに原因が異なるため、対処法もそれぞれ異なります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)