胸が乾燥して肌トラブルに!胸の乾燥の原因と対策について

胸が乾燥して肌トラブルに!胸の乾燥の原因と対策について

肌が乾燥すると、肌トラブルの原因になるため避けたいものではあります。

ではなぜ胸は乾燥するのでしょうか?それが分かれば対処もできますよね。

そこで、胸が乾燥する原因とその対策について解説してきます。

胸が乾燥する原因

まず、そもそもどうして胸が乾燥するのかを解説していきます。

体質的な問題がない場合、胸が乾燥する原因は限られます。

胸という部位

そもそも、胸という部位について考えると、乾燥する原因はかなり限定されます。

胸は下着や上着でしっかりと守られている部位です。

そのため、外気等の日常的な外部的要因で乾燥することは極めて稀であるといえます。

そう考えると、胸が乾燥するようなことは無いと思われるかもしれませんが、実際には胸が乾燥する原因はしっかりと存在しているのです。

洗いすぎによる皮脂の損失

肌が乾燥する原因はいくつか考えられますが、その中でも「洗いすぎ」による肌の乾燥が最も多いのではないかと思います。

入浴に際して身体を洗うことは普通なことですが、これを過剰なレベルで行うと皮膚に必要な皮脂まで容赦なく洗い流してしまい、皮膚のバリア機能が失われてしまいます。

「皮脂」と聞くと、多くの人がマイナスなイメージを持ちますが、皮膚を守っている機能も存在しているので、洗いすぎによる皮脂の消失が、胸の乾燥を招いている可能性があります。

胸の乾燥と妊娠の関係

次に、胸の乾燥と「妊娠」の関係性について解説していきます。

妊娠すると胸が乾燥しやすくなる

妊娠中は、女性ホルモンの影響で肌が乾燥しやすくなります。

特に胸の場合には、女性ホルモンの影響で乳腺が発達し、胸が大きくなることで皮膚に負担がかかり、乾燥しやすくなります。

女性ホルモンの影響で全身の肌が乾燥しやすくなるだけではなく、その肌が引き伸ばされることで余計に乾燥肌を招いてしまいます。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)