胸の中心が黒いのはNG?胸の中で乳輪や乳首が黒い原因と対策

胸の中心が黒いのはNG?胸の中で乳輪や乳首が黒い原因と対策

皆さんの胸の中でも「乳輪」や「乳首」といった部位については、胸の他の部分に比べてその「色」が気になってしまう部位でもあります。

しかし、好き好んでその色になったわけではないひとが多いと思いますが、乳輪や乳首が黒いことにはマイナスなイメージを抱かずにいられません。

そこで、乳輪や乳首といった胸の中心部分が黒くなる原因や対策についてまとめました。

乳輪と乳首が黒くなる原因

まず、そもそもなぜ乳輪や乳首が黒くなる可能性があるのかについて解説していきます。

一般的な乳輪や乳首といった胸の中心部分の色のイメージは「ピンク」であり、黒や茶色といったイメージとはかけ離れています。

そんな大きな色の変化をもたらす原因とは何なのでしょうか?

原因は「メラニン色素」

乳輪や乳首を黒くしている原因は、肌の中で生成される「メラニン色素」です。

わかりやすいイメージとしては、日焼けによって肌が黒くなることと同じメカニズムで、乳輪や乳首も黒くなるというのが正しいです。

乳輪や乳首でメラニン色素が生成される理由

しかし、日焼けの原因は「直射日光」であり、乳輪や乳首は陽に当たることはまずありません。

にも関わらず、乳輪や乳首でメラニン色素が生成される原因は、メラニン色素の役割を理解する必要があります。

簡単に言えば、メラニン色素は肌への刺激を防ぐために生成され、日焼けもその一つになります。

乳輪や乳首を何らかの刺激から守るために、メラニン色素が生成され、そのせいで黒に近い色に変わっていくのです。

実際の原因

乳輪や乳首が黒くなる実際の原因としては、「乳輪や乳首への刺激」が考えられます。

刺激の原因となるものは、衣類との接触が最も多いと思われます。

どうしても乳輪や乳首はブラジャーや衣類との接触を避けられず、摩擦によって刺激となります。

もちろん、肌のターンオーバーが正常であればメラニン色素がいつまでも残ることはないのですが、ターンオーバーが正常ではない場合には色素沈着を起こし、黒ずんでいきます。

その他の原因

衣類との接触以外では、妊娠によって黒くなることがあります。

授乳による乳輪や乳首への刺激をあらかじめ予測し、それに備えるためにメラニン色素を生成しておくのです。

その他にも「加齢によるターンオーバーの低下」「生まれつきの肌の色」といった要因も考えられます。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)