胸に角栓が!角栓は取っていいの?胸の角栓の知識と対処法

胸に角栓が!角栓は取っていいの?胸の角栓の知識と対処法

体を洗っている時などに、胸に「角栓」ができているのを発見してしまったことがあるのではないでしょうか?

角栓を放っておくと、ニキビなどの肌トラブルになりかねません。

しかし、故意に角栓をいじると、これも肌トラブルの原因になりかねません。

そこで、胸にできた角質の対処法などを解説していきます。

角栓とは

パックなどで「角栓をとる」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんね。

なんとなく嫌なイメージがある角栓ですが、そもそも角栓とは何でしょうか。

角栓って何?

角栓とは、毛穴に皮脂や角質が溜まって、毛穴の出口を塞いでいるものです。

顔や背中にできやすいもので、「白ニキビ」として覚えている人もいるのではないでしょうか。

外見上は、毛穴を塞いで盛り上がる白い状態です。

角栓はどうなる?

角栓は、毛穴を塞ぐほどになるとニキビの原因になります。

ニキビには段階があり、「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」と変化していきます。

「白ニキビ」は初期段階のニキビです。その白ニキビが悪化し皮脂が酸化してしまうと「黒ニキビ」になります。さらにそこが悪化して炎症を起こすと「赤ニキビ」となり、最終的には、内部に膿が溜まって「黄ニキビ」になります。

胸にも角栓はできる?

ニキビの原因となる角栓は、その多くは顔や背中に発生します。

胸は、それに次いで角栓が発生しやすい部位なのです。

それはつまり、胸は角栓によってニキビが出来やすい部位であるということになります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)