胸の血管が目立つ!血管の目立つ胸になる3つの原因

胸の血管が目立つ!血管の目立つ胸になる3つの原因

人によっては、身体の特定の部位の血管が目立つことがあります。

腕や足ならまだしも、これが「胸の血管」である場合、何かと不安になりますし、見た目も決して良いものとは言い難いです。

そこで、胸の血管が目立つ原因について簡単にまとめてみました。

妊娠および出産の前後である

まず考えられる原因として「妊娠」があります。

妊娠をすると、どうして胸の血管が目立つのでしょうか?

胸の血流が増える

妊娠によって胸の血管が目立つ原因は、胸の血流が増えることが原因です。

妊娠と出産を終えると、今度は赤ちゃんへの授乳の必要性があります。

その準備のために、胸の血流が増え、血管が浮き出て目立つ可能性があるのです。

どんな人に多い?

妊娠及び出産に由来する胸の血管の目立ちは、全ての女性に該当するわけではありません。

この症状が見られる傾向にあるのは、「色白」「痩せ型」の女性です。

原因が、「胸の血管内の血流の増加」なので、肌の色が薄めの人や、痩せていて表皮と血管の間の脂肪等が少ない人の場合、血管が目立ってしまいます。

対策は?

この症状に因る場合、特に対策をする必要もありません。

妊娠出産を終え、しばらくすれば胸の血流は妊娠前の状態まで戻ります。

一時的なものなので、特に対策をする必要もありません。

しかし、稀に「静脈瘤」を起こしている場合があり、その場合は早めに病院で診てもらう必要があります。

とは言え、そこまで神経質になる必要もありません。

むしろ、不安によってストレスを溜めるほうが母体にも赤ちゃんにも悪い結果となりますので、妊娠中や出産後に胸の血管が目立つことは普通なことであると認識しておきましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)