なぜ胸にシミができる?女性が気になる胸のシミの原因とは?

なぜ胸にシミができる?女性が気になる胸のシミの原因とは?

女性は、肌に「シミ」ができてしまうことを嫌い、避けようとすることは当然です。

しかし、どれだけ念入りなケアをしていても、シミができてしまうことはあります。

では、胸のシミの場合、どんな原因が考えられるのでしょうか?

紫外線を原因とするシミ

まず、もっともオーソドックスな原因として挙げられるのが「紫外線」による胸のシミです。

他の部位に比べて紫外線の影響を受けにくい胸ですが、皮膚の一部なので当然ながらシミは発生します。

なぜ紫外線でシミ?

紫外線は私たちの体にとって有害ですが、実は紫外線はシミの直接の原因ではありません。実はシミを作り出しているのは私たちの体なのです。

皮膚の中には「メラニン色素」を生み出す細胞があり、何らかの刺激を受けた際に肌を守るためにメラニン色素を産出し、肌を黒くしていきます。

しかし、ずっと肌が黒い訳ではありません。

肌は日々ターンオーバーという新陳代謝を繰り返しているので、いずれ変色した肌は角質と共に剥がれ落ち、元の白い肌に戻ります。

ですが、このターンオーバーがうまくいかず黒い皮膚の原因であるメラニン色素が下の新しい皮膚にも影響してしまい、色が残ってしまうことがあります。

これがシミです。

胸は紫外線の影響を受けにくい

とは言え、本来は胸に紫外線の影響が及ぶということは珍しいことです。

衣服で隠されている部位であり、直射日光を浴びにくい部位では有るのですが、夏場など薄着になりやすい季節には、紫外線の影響によって胸にシミが生じることがあります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)