そばかすって病気?シミ?胸にもできる?胸にそばかすができる可能性

そばかすって病気?シミ?胸にもできる?胸にそばかすができる可能性

一般的に「そばかす」というと、イメージとしては「顔にできるもの」という印象が強くなりやすいです。

しかし、皮膚の病気であるのなら、これが胸にできてもおかしくはない気がしませんか?

そこで、そばかすのメカニズムや胸との関係性について解説していきます。

そばかすとはどんな病気か?

まず、そもそもの認識として必要になる「そばかすとは何か?」というところから解説していきます。

皮膚のトラブルの一種であることは簡単に想像できると思いますが、これの正確なメカニズム等についてしっかりと解説できる人は少ないでしょう。

そばかすとはどんな病気か、簡単にまとめてみました。

そばかすとは?

実は、そばかすという病名は存在しません、これはいわゆる「俗称」というものです。

正式には「雀卵斑」と呼ばれるものであり、文字通りスズメの卵のような模様が頬の上部に多く見られます。

なお、春から夏にかけて、その模様が色濃いものに変わっていくという特徴があります。

そばかすの原因とは?

そばかすが発生する原因は、簡単に言えば「活性酸素」が原因となり、体内のメラノサイトがメラニン色素を作り活性酸素を防ごうとします。

これによって皮膚を刺激から守っているのですが、メラニン色素は色素なので色がつき、色素沈着を起こすことでそばかすが発生します。

「しみ」とは違うの?

そばかすの原因はメラニン色素、これと似ている症状として「しみ」を思い浮かべた人は少なく無いでしょう。

確かにどちらもメラニン色素や、その原因となる紫外線などの刺激が大敵であるという点においては共通していますが、全く異なるものであるといえます。

しみは、基本的に年齢とともに目立ってくるのですが、そばかすの場合は若い世代でも目立つことがあります。

その違いとしては、シミは後天的な要因になりますが、そばかすの場合は実は遺伝などの先天的な要因が強く関係しているとされています。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)