ヒアルロン酸で胸をサイズアップ!ヒアルロン酸を利用した豊胸手術について

ヒアルロン酸で胸をサイズアップ!ヒアルロン酸を利用した豊胸手術について

手早く、確実に胸をサイズアップさせる方法として「豊胸手術」という方法があります。

豊胸手術と一言に言っても、その種類はいくつかあり、「ヒアルロン酸」もその一つです。

そこで、ヒアルロン酸を利用した豊胸手術についてまとめてみました。

ヒアルロン酸を利用した豊胸手術とは

まず、ヒアルロン酸を利用した豊胸手術とはどのようなものであるのかというところから解説していきます。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸を利用した豊胸手術とは、「ヒアルロン酸注射」と呼ばれています。

文字通り、注射によってヒアルロン酸を胸の内部に注入し、注入した分だけ胸をサイズアップさせることができます。

他の豊胸手術の方法に比べて「手軽さ」の面で優れたステータスを保有しています。

ヒアルロン酸注射のメリット

では、ヒアルロン酸注射にはどういったメリットが有るのでしょうか?

他の豊胸手術の方法との比較も踏まえて解説していきます。

費用が安い

まず、「手術費用が安い」というメリットが挙げられます。

安いクリニックでは、10万円を下回る費用でヒアルロン酸注射を利用できる場合があります(逆に高額な費用が必要な場合もある)。

他の方法だと20万円を下回ることは少ないので、費用面でのアドバンテージが大きいと言えます。

手術時間が短い

次に「手術時間が短い」ということです。

早ければ、一連の施術が30分ほどで完了します。

特に「脂肪注入」と比較すると、その早さは圧倒的なものです。

また、基本的に通院も必要としないので、忙しい人でも利用しやすいです。

手術跡が目立たない

次に「手術跡が目立たない」というメリットが有ります。

なぜなら、この豊胸手術は注射しかしないので、注射跡が発生するくらいなので目立った手術跡が発生しません。

せっかく胸を大きくできても、見た目の悪さをもたらしては元も子もありません。

この内容は「シリコンバッグ」と比較して大きなメリットとなります。

ダウンタイムが短い

最後に「ダウンタイムが短い」ということです。

ダウンタイムとは、手術後に内出血や腫れといった症状がなくなる状態になるまでの日数であり、ヒアルロン酸注射の場合はほとんど発生しません。

そのため、手術後に早い段階で胸のサイズ以外は元の状態に戻すことができます。

注意する点は入浴と激しい運動ですが、3~7日はできるだけ安静に過ごした方が良いでしょう。

ヒアルロン酸注射の注意点

簡単で傷も少なくて済むヒラルロンさん注射ですが、個人の要望に沿わせていくと、ヒアルロン酸注射では不適合な場合があります。

ずっと続くわけではない

豊胸で大きくなったバストはその大きさをずっと維持できることがほとんどなのですが、実はヒアルロン酸注射で大きくなったバストは永久的ではありません。

ヒアルロン酸は体に吸収され、いずれバストサイズは注射を打つ前の状態に戻ってしまいます。

注入するヒアルロン酸の性質などにも依存しますが、1年~3年ほどで豊胸効果は消失します。

しこりが発生する可能性がある

次に、「しこりが発生する可能性がある」ということです。

先ほど「ヒアルロン酸は吸収される」という話をしましたが、一部のヒアルロン酸は吸収されずに胸の中に残ってしまうことがあります。

他の部分は吸収されてしまうので、最終的にその部分はしこりとなって胸に残るのです。

乳がん検査の際にも、その部分だけ影になってしまいますし、しこりとなっている以上は手術して除去しなければなりません。

胸が硬くなる可能性がある

これはご存知の人も多いのですが、ヒアルロン酸注射は「胸が硬くなる」というデメリットが有ります。

豊胸用のヒアルロン酸は粒子が大きい物が多く、自然な胸の肌触りとは離れてしまう可能性があります。

人によっては、うつぶせになるだけで痛みが発生するという場合もあります。

ヒアルロン酸の種類や注入方法などによっては、固くならずに自然な感触の柔らかさを再現できる可能性もあります。

まとめ

ヒアルロン酸注射による豊胸は、手軽な反面さまざまなデメリットが発生する可能性があります。

しかし、副作用に関しては最終的には相性の問題でもあるので、「持続時間の短さ」のような外見でわかるデメリットだけを吟味して、利用するかどうかを決定すると良いでしょう。

デメリットだけでなく、メリットも多いことを念頭に置き、胸のサイズアップや形を整えるという恩恵を利用しましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)