胸のラインをキレイに維持したい!胸のラインをキレイに維持する方法とは?

胸のラインをキレイに維持したい!胸のラインをキレイに維持する方法とは?

女性は、自分の胸にさまざまな思いを抱きます。

人によっては「自分の自慢」として、人によっては「コンプレックスの象徴」として、そして大きさではなく「形」にもこだわる女性は決して少なくありません。

そこで、胸のラインをキレイに維持する方法について解説していきます。

胸のラインをキレイにできないということについて

まず、そもそも「胸のラインをキレイに維持」ということは、ラインのキレイさを損なわないようにするという意味があります。

では、胸のラインがキレイではなくなるということは、どういった原因で起こるのでしょうか?

いわゆる「胸が垂れてしまう」

その代表的なものとしては、バストの形が崩れること、垂れる状態のことを指すことが多いです。

胸の形を維持できず、重力に逆らえずにダランと垂れ下がってしまっている状態です。

見た目にも、確かに「美乳」とは言い難い容姿となっています。

なぜ胸が垂れてしまうのか?

では、どうして胸は重力に逆らえずに垂れてしまうのでしょうか?

それは、そもそも胸の形を維持しているものが何であるかを理解するところから始めます。

胸の中には「脂肪」「乳腺」「クーパー靭帯」という3つの存在が確認できます。

胸の大部分は脂肪であり、それは乳腺の回りに集まっている形になります。

クーパー靭帯は、それらを引っ張り、形を整える役割をしています。

「胸が垂れる」というのは、そのクーパー靭帯が伸びきってしまったり、断裂を起こすことで胸を支えられなくなっている状態なのです。

胸が垂れないようにするには

胸のラインをキレイにするには、つまり胸が垂れないようにするということです。

では、胸が垂れないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

クーパー靭帯を保護する

胸の形を保つ、つまり垂れないようにしているのは「クーパー靭帯」という組織です。

このクーパー靭帯は簡単なことで切れたり伸びきったりしてしまいます。

すると、当然胸は垂れます。ですから、クーパー靭帯を守ることが胸の形を維持するのに大切なのです。

元には戻らない

人の体には再生機能があります。

ケガや筋力が落ちても、時間が経ったり鍛えたりすれば元に戻りますよね。

しかしこのクーパー靭帯は残念なことに、一度形が変わると戻りません。垂れた胸はそのままです。

そうならないように、クーパー靭帯を守る事が重要なのです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)