柔らかい!張りのある!ふわふわ!理想の胸を手に入れる方法

柔らかい!張りのある!ふわふわ!理想の胸を手に入れる方法

女性にしか備わっていない身体的特徴の代表格といえば、「胸」ですよね。

同じ胸を持ちながら、男女で全く形状の異なる胸ですが、女性同士でも色々な個性があります。

大きさももちろんですが、その位置、質感、触感など魅力を感じる要素はたくさんあります。

中でも、柔らかいのに張りがある「ふわふわ胸」は皆さんのあこがれではないでしょうか。

胸が固くなる原因

胸の血流を上げる

胸を揉む行為は、適切に行えば胸の血流を上げることにつながり、胸をふわふわにするには、この血流の促進が必要不可欠となるのです。

ふわふわの胸のイメージからは程遠いかもしれませんが、胸を形成する乳房を支えているのは身体の他の筋肉と同じような筋繊維の塊である大胸筋です。

筋肉にはたくさんの血管が通っており、この血管が必要な栄養素や酸素を運ぶと共に、不必要な老廃物を身体の外に排出する役割を担っています。

胸の血流を上げるということは、この血管の働きを最大限に活かすということにつながるのです。

血流が悪いと固くなる

身体の中で作られた老廃物が溜まってしまうと、血管が老化するだけでなく、リンパの流れも悪くなり筋肉に必要な栄養素が上手く運ばれなくなります。

その結果、筋肉が固く萎縮するだけでなく、その上にある乳房も固くなってしまうのです。

乳房は乳腺と脂肪とクーパーじん帯で形成されていますが、乳腺を育てるために必要な物質が筋肉の萎縮と血流の悪さが原因で不足してしまうことがあります。

この状態になると、乳房自体が固く貧相になってしまうのです。

ふわふわ胸への道

柔らかいふわふわな胸を手に入れるためには、まずは乳房に十分な栄養素を行きわたらせる必要があります。

乳房を支える筋肉

乳房は大胸筋の他、脇の下の筋肉にくっ付いてその形を維持しています。

大胸筋の他、脇の下の筋肉が固まりコリを持つと、乳房は固くなり左右に引っ張られ弛んだように見えてしまうようです。

こうならないためには、脇の下の筋肉から乳房を剥がすと共に、脇の下~大胸筋の血流を上げ健康でしなやかな筋肉を育成する必要があるのです。

乳房を剥がすには

脇の下の筋肉から乳房を剥がす方法は意外と簡単で、片手で持ち上げ軽くゆすってあげるだけです。

左右均等に、週に何回か行うことで乳房を筋肉から定期的に剥がしてあげることができるだけでなく、血流の促進にもなるため、だんだんとふわふわな胸が形成されてくるのです。

乳房のマッサージ

胸をふわふわにするには、乳房のマッサージも効果的です。

マッサージは基本的に胸周辺のリンパを流すイメージで、乳房の上部を内側に円を描くようにマッサージする他、脇から乳房を持ち上げるように動かしながら脇の下にリンパ流す形で行いましょう。

ふわふわにするにはハリも必要

胸を筋肉から剥がし、正しい位置にもっていきながら血流を促進することが効果的とお話ししましたが、胸をふわふわにするには、胸のハリも大切になってきます。

胸のハリが下垂を防ぐ

胸を柔らかくふわふわにするまでは、ある程度の努力と期間でどなたでも実現が可能かと思います。

しかし、ふわふわになった胸が柔らかいだけでは、胸は重力に負けてしまいどんどん下垂してしまい「垂れやすい」という難点を持つことになります。

この「垂れやすい」を解決してくれるのが、胸のハリです。

胸のハリを作るには

胸のハリは主に「皮膚」「乳腺」「クーパーじん帯」で作られます。

それぞれの組織が、健康で損傷の無い状態であれば、胸には自然とハリが生まれ高さのある理想的な丸みを持った胸でいられるのです。

ハリ作りにも血流が大切

胸のハリを形成する「皮膚」と「乳腺」にも、十分な栄養素と酸素と老廃物の適切な排泄が必要なため、やはり血流が重要となります。

その他に必要なこと

「皮膚」だけでいうならば、血流以外にもクリームやオイルでの保護マッサージ、日焼けを防ぐためのケアなども、ハリを作るには効果的です。

「乳腺」は女性ホルモンの影響も大きく受ける組織のため、女性ホルモンが正常に分泌されるような生活習慣の徹底、食生活のバランスなどが大きく関わりますので、この辺りもぜひ気を付けてみてください。

クーパーじん帯

乳房を支えるクーパーじん帯は、他のじん帯同様伸びたり切れたりするものですが、そこに痛みはほとんどありません。

それ故、クーパーじん帯が伸びて戻らなくなっていること、切れていることに気付くことはほとんどないのですが、このじん帯が減ってしまうことが胸の下垂には大きく影響します。

ハリと高さのある胸はじん帯に支えられ実現できますが、激しい運動や刺激を定期的に長期に渡って加え続けてしまうと、クーパーじん帯は損傷し数をへらします。

その結果、下垂が発生してしまう原因ともなるのです。

まとめ

いかがでしょうか。

「胸は揉まれれば大きくなる、柔らかくなる」があながち迷信ではないという所以は、血流の促進と筋肉から乳房を自由にしてあげるということに発します。

ふわふわな胸は、日々の優しく丁寧なケアがあっての賜物ですので、無理なマッサージや揉み方は絶対にしないでください。

また、生理前後は女性ホルモンの影響で乳房の状態が変わっていることが多いため、少しでも異変を感じたり、痛いと感じることがある場合は、普段通りのケアでも中断し少し様子をみるようにしましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)