胸をふっくら見せるのはデコルテだった!今日から始めるデコルテ作り

胸をふっくら見せるのはデコルテだった!今日から始めるデコルテ作り

胸の中でも一目に一番多く触れる部分はデコルテです。

例えサイズ的に胸が小さかったとしても、デコルテ部分がふっくらしているだけで、感覚的に緩和されるといわれます。

ふっくらとした美乳と呼ばれるには、デコルテの育成が必要不可欠ともいえますので、心当たりのある方は今日からデコルテエクササイズを始めてみましょう!

どうしてデコルテが痩せるの?

デコルテだけでなく、女性らしい丸みのある身体はそれだけで痩せていてもふっくらとした安心感を得ることができるものです。

腰回りや肩周りなど、女性らしいラインが出やすい部分ですが、どうしてデコルテは痩せてしまいやすいのでしょうか。

デコルテは大胸筋

デコルテと表現されますが、具体的にどの部分を指すのでしょうか。

実はデコルテは、鎖骨の下からトップバスト辺りまでを指し、その基本は大胸筋です。

元々ハト胸で、大胸筋についてそんなに意識したことが無いという方は、デコルテが痩せるといった感覚はいまいちピンとこないかもしれません。

しかし大胸筋は、日常生活が中程度の運動量の方の場合、鍛えなければ痩せていく筋肉の1つです。

そのため、筋肉が付きにくく元々やせ形体形の方は、年齢と共にデコルテの筋肉が減ってしまい、アバラ骨が浮いて見えてしまいやすいといえるのです。

ふっくらした胸には大胸筋エクササイズ

胸をふっくら見せるためには、鎖骨の下からバストトップにつながる部分がなだらかに膨らんでいる必要があります。

そのためにも、デコルテ部分の大胸筋を鍛える必要があるといえます。

大胸筋エクササイズで最もメジャーなものは「合掌のポーズ」と呼ばれるエクササイズかと思います。

簡単に「合掌のポーズ」エクササイズの方法をご紹介しましょう。

1.両方の手をバストトップの高さで合掌するように合わせる

2.肘を両外に張り、バストトップの高さまで上げ腕を地面と平行にする。

3.合わせた両方の手を、息をゆっくり吐きながら押し合う。

4.息を吐き切ったら力を抜く。

これを3~5回繰り返し1セットとします。

1日3セット程度繰り返すことで、徐々に大胸筋が鍛えられていきます。

筋力と共に脂肪を付ける

胸をふっくら見せるには、デコルテに筋肉だけでなく脂肪を付けることも重要です。

大胸筋は胸の脂肪を支える土台と考え、その上にうっすらとふっくらした脂肪をつけることも、胸がふっくら見えるポイントといえます。

脂肪を付ける、と聞くと(たくさん食べればいいの?)と思われるかもしれませんが、ここでいう「脂肪を付ける」は単純に太ればいいということではありません。

女性にとって良質な食品を効果的に取り入れ、良質な脂肪をデコルテに絞って付ける必要があるのです。

女性が脂肪を付けるに辺りとても重要な要素となるのが女性ホルモンです。

女性ホルモンの分泌が正常に行われていると、必要な脂肪を効果的に付けることができるといえます。

そのため、ふっくらした胸に特化して摂るべき食品は「豆類」といえます。

・納豆
・豆乳
・みそ
・豆腐

など、日本人にとってはとても日常的で、摂取しやすい食品たちですよね。

良質なたんぱく質を沢山摂ることで、余分な資質を排除しながら効果的に脂肪を付けることができる他、これらの食品には女性ホルモンの分泌に作用するイソフラボンも含まれますので、ホルモンバランスを安定させる効果も期待できるのです。

とはいえ、これらの食品ばかり摂っていては食生活の偏りを招いてしまいます。

たんぱく質の他、ビタミン、ミネラル、繊維質などもバランスよく摂ることを心がけましょう。

ふっくら胸にはリンパの流れも大切

デコルテと呼ばれる部分は、上は鎖骨、左右は脇の下とリンパの流れが集中する部分でもあります。

リンパの流れは、身体のそとに老廃物を排出するためにとても重要な機関となり、この流れが滞ることで、せっかくの筋肉、脂肪の質を下げてしまうことがあります。

良質な食生活と効果的な運動を続けていても、リンパの流れが悪いためにふっくらした胸が中々手に入らないといったことも考えられます。

そうならないためにも、デコルテ付近のリンパの流れをいつも良くしておく必要があるといえます。

全身の血行が改善されれば自動的にリンパもよくなりますが、まずはデコルト付近から!という方の為に、リンパの流れの「デコルト付近に重点を置いたマッサージ」を説明します。
1.胸の外側から鎖骨に沿って、鎖骨の中心に向かって優しく撫で上げる。

2.鎖骨の中心に胸の流れを集めたら、鎖骨沿いに中心から肩、脇に向かって優しく撫でる。

3.脇の下から胸の上に向かって、持ち上げるように優しく撫でる。

このようなマッサージを、毎日お風呂に入った時などに行ってみましょう。

より効果的に行うためにも、実践時は以下のことに気をつけましょう。

・撫でる際リンパを脇の下に流しているイメージを持つこと
・血行が良い状態で行うこと(入浴時など)
・肌を傷つけないよう優しく行うこと(クリームやオイルを使用するのも効果的です)

まとめ

ふっくらしたデコルテが、ふっくらした胸を印象付けるというのは意外だったでしょうか?

胸のサイズがある程度大きいのに、胸が小さく見られがちな方には、こういった特徴があるということがお分かりいただけたかと思います。

元々痩せ形の方に多いデコルテともいえますし、そういった方は筋肉が付きにくいといった特徴もありますので、急には成果は得られないかもしれません。

しかし、日々の努力で胸をふっくらさせることは可能です。

諦めず、夏に向かってデコルテ育成始めてみませんか!?

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)