胸のボリューム不足はどうすれば?そんなボリュームに関するhow to情報

胸のボリューム不足はどうすれば?そんなボリュームに関するhow to情報

胸のボリュームのことで悩んでいませんか?

サイズはある程度あるのに小さく見えたりするのは、ボリューム不足が原因かもしれません。

ボリューム不足にはいくつか原因がありますので、それを克服すれば解決することができるかもしれません。

ボリュームがあれば・・ボリュームさえあれば・・、そんな胸のボリュームに関するお悩みを解決します。

胸のボリュームについて

同じ胸のサイズでも、胸のボリュームがある人とない人っていますよね。

いったいそこには、どのような差があるのでしょうか?

まずは、胸の中身について・ボリュームの根源となるものから解説していきます。

胸とは

胸・・いわゆる乳房の中身は、主に大胸筋という筋肉が土台となり、そこに乳腺・脂肪・クーパー靭帯がくっついてできています。

乳腺が芯となり、それを守るように脂肪がつき、それをクーパー靭帯が覆い、胸を形作っているのです。

ボリュームの正体とは

ボリュームは脂肪が胸に多くついているか少なくついているかで変わります。

乳腺が発達するかしないかで脂肪の量に違いが生まれますので、基本的には乳腺が発達すればするほどにに脂肪が増えて、胸にボリュームが出るようになっていきます。

反対に、乳腺が発達せず未熟であると脂肪は増えてはくれませんので、ボリュームがなくぺったんこな胸となってしまうということになります。

胸のボリュームを出す方法

できれば、胸にボリュームを出して女性らしいふっくらした胸にしたいというのが女心というものではないでしょうか?

胸にボリュームがない・・そんな女性のために、ボリュームの出し方をご紹介します。

食生活・日常生活の改善

一言でいえば、乳腺を発達させて脂肪をより多くつけさせればいいということになりますので、乳腺の発達を目指します。

乳腺の発達に必要不可欠、それは「女性ホルモン」です。

女性ホルモンは卵巣の中で作られているものですが、加齢の他、ストレスや日常生活の乱れなどによって、その量は増えもすれば減りもするということが起こります。

女性ホルモンを増やすことで乳腺を発達させることができますので、まずは食生活を含めた日常生活の見直しから始めていくことが大切です。

食生活で増やす女性ホルモン

女性ホルモンを増やすためには、主にイソフラボンが効果的です。

イソフラボンは、豆腐や豆乳・納豆などの大豆製品、牛乳やヨーグルトなどの乳製品に豊富に入っていますので、意識して多めに摂るよう心がけてみて下さい。

ただ、これだけ食べていればいいというワケではありません。

あくまでもバランスのいい食事が前提ですので、野菜やお肉・お魚なども効率よく取り入れ、いつもより多めのイソフラボンの摂取を心がけてください。

胸のボリュームアップを妨げる行為

日常生活を見直してボリュームアップを志してはみたものの、せっかくのその行為を妨げてしまうという行為もあります。

ボリュームアップしたいなら、「してはいけなこと」もあるので気をつけてくださいね。

ボリュームアップを妨げる行為

アルコール・喫煙は女性ホルモンの増加を妨げます。

禁酒・禁煙をしなくてはいけないということではありませんが、なるべく控えるということを心がける必要があります。

ボリュームアップが難しいケース

鳩胸ではありませんか?

鳩胸であると、なかなか通常の対策法ではボリュームアップできないことがあります。

鳩胸とは、乳房ではなく胸部自体が盛り上がっている状態の胸のことで、そのような場合の乳房はボリュームがなく平べったい状態となってしまいます。

鳩胸の人は姿勢が悪い傾向にあるため、なるべく姿勢を良くするよう心がけることで胸の形をいくらか正すことができます。

また、ブラジャー選びに苦労する人も多いので、必ず下着屋さんで試着をして自分の胸のサイズに合ったブラジャーを探すようにして胸の崩れを防ぐ必要があります。

まとめ

例え胸のサイズが小さくても、そこにボリュームがあるとないとでは、かなり見た目に違いが生まれます。

まずは、自分の胸のサイズに合ったブラジャー選びが大切で、それにより形の崩れを防ぐよう対策を行ってください。

それと同時進行して、食生活を含めた日常生活の乱れを改善するようにしてみてくださいね。

女性ホルモンが鍵となります。

女性ホルモンを増やすためには、サプリメントやバストアップクリームなど様々なお助け商品が市販されていますので、食生活などで改善が見られない場合は、それらの力を借りることもオススメします。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)