胸の高さはどれくらい?美乳を求めるなら大きさではなく高さもポイント

胸の高さはどれくらい?美乳を求めるなら大きさではなく高さもポイント

美乳・・いい響きですよね!

美乳であるための条件とは、何だと思いますか?

大きさや乳首の色など・・美乳だと思う感じ方は人それぞれではありますが、中でも一番のポイント、それは「高さ」にあります。

胸の高さとは何とも不思議な表現の仕方ではありますね。

大きければ高さがあるってもんでもありません。

胸の高さって、どういうことなのでしょうか?

胸の高さとは

胸の高さと一言でいっても、何のことだかよくわかりませんよね。

盛り上がっていれば、それでいいのでしょうか?

まずは、そこから解説していきます。

胸の位置

理想とされる胸には理想とされる形がありまして、美乳かどうかを探る一つのポイントとして、そこに正三角形を作れるかどうかというのがあります。

左右の鎖骨と鎖骨の真ん中のところに窪んだ場所がありますよね。

その窪んだ場所と、左右のバストトップ、これら3点を結んで正三角形を作ることができれば美乳と考えることができます。

垂れや離れ・・ちょっとでも形でも頂点にズレがあると、正三角形ではなく二等辺三角形が描けてしまいます。

正三角形を描くために大切なこと

きれいな正三角形を描くために大切なこと・・それは乳首が上向きであるかどうかというところです。

要するに、胸に高さあれば乳首も上向きになってくれるということになります。

とはいえ、実のところ、日本人の多くの女性が描けるのは二等辺三角形で、正三角形を描ける人は少ない傾向にあります。

だから、例え自分の描いた三角形が、二等辺三角形だったとしても落ち込む必要はありませんよ。

胸の位置を高くする方法

胸の形ってそうそう簡単にどうにかできるものではありません。

二等辺三角形の人が正三角形を目指したい場合、どのような方法があるのでしょうか?

ブラジャーで目指す方法

特別な努力をしなくても、とりあえずはブラジャーを用いることで正三角形を描くことが出来ますよ。

そのためには、まずは自分に合ったサイズ・形のブラジャーを選ぶことが大切・・ブラジャーで胸を持ち上げることができればいいのです。

無理に持ち上がってしまうといびつな形となってしまうので、ブラジャーを購入する際は必ず試着をして形を確認する必要があります。

うまくいかないようであれば、パッドを入れるという手もありますし、持ち上げる専用のブラジャーも販売されていますので、自分に合ったブラジャーをいろいろと試してみてください。

体操で目指す方法

ヨガ・ピラティスなど、胸を形作るのに良いとされる体操は様々あります。

胸に高さを持たせるための重要なポイントは大胸筋を鍛えることなので、それに合った体操をすることが大切です。

大胸筋の鍛え方次第では、正三角形まではいかなくとも、それに近い形を目指すことができますよ。

オススメは、ヨガ・・ヨガのゆったりとしつつも確実なそのポーズの中には、大胸筋を鍛えるために最適なポーズがたくさん含まれています。

高さの他の必要な条件

高ささえあれば美乳なのかといえば、そういうことではありません。

では、その他、どのような条件が揃えば本当の美乳となれるのでしょうか?

乳房の形・ハリ

高さはあるけど垂れている・サイズはあるけど高さがないため平べったいなど、乳房の形は様々あって、「円錐型・円錐型・扁平型・ピラミッド型・円球型・下垂型」と大きく分けて6種類あります。

この中でも理想とされるのは円球型で、いわゆる「おわん型」が美乳の条件に入ります。

また、肌のハリも重要で、採りたての果物のようにパンッとしたツヤのある肌が美乳には必要です。

乳首の色・形

乳首の形はあくまでも小さめで、色はできればピンクに近い色が理想的です。

とはいっても日本人に多い乳首の色は茶色であるため、ピンクを目指すのはなかなか困難な状況ではあります。

ピンクとはまではいかなくとも、薄茶色であることが望ましいといえます。

乳首は刺激を与えることにより変形したり黒ずんだりしてしまうことがありますので、気をつけてくださいね。

まとめ

美乳であるためのポイントとして胸の高さがありますが、いろいろなタイプがありますのであまり考えすぎる必要はありません。

より形が崩れないよう努力することは大切ですが、高さだけにとらわれ、無理矢理胸を持ち上げようとすると返っておかしな形になってしまうことあるので、しっかり自分の胸の全体像をとらえた上で形作ってくださいね。

姿勢を良くすることも重要です。

猫背であると下垂気味になってしまうので気をつけてください。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)