時と共に変化する胸にご用心!変化に合わせて胸ケアしよう!

時と共に変化する胸にご用心!変化に合わせて胸ケアしよう!

以前に比べて胸が柔らかくなったな・・と感じたことはありませんか?

胸は、一生同じ形でいるわけではありません。

子供の小さな胸は大きくなっていきますが、出産やいろんなことを経験することにより、いずれ形が崩れ垂れることも・・。

日々変化する胸は、感触だって変わります。

硬いものが柔らかく・・柔らかくても硬くなってしまうことだってあるのですよ。

胸が柔らかくなった原因・・加齢

胸が柔らかくなる原因の1つに、加齢があります。

胸は、若い頃の形をずっと維持することはできません。

胸の構造は、歳と共にどのように変化していくのでしょうか?

年齢による胸の差

胸は、主に「大胸筋・乳腺・脂肪・クーパー靭帯」の4つの部位からできています。

胸の形成には女性ホルモンの分泌量がおおいに関係しているため、分泌量がピークといわれる20代前半はハリがあり形のいい胸が形成されるのです。

しかし、歳をとると共に女性ホルモンは減少、30代後半からは劇的に減少していきます。

それと同時に、身体自体も年齢とともに筋肉・その他の機能が衰え始めていきます。

そのような現象は、若い頃にあった胸のハリを失わせ・・その分柔らかくなったように感じるようになります。

年齢に合ったブラジャーを

加齢と共に胸は、豊富にあった脂肪がそげ、周りを支えていたクーパー靭帯がたわみ、支えを失った胸は外に垂れていきます。

胸が柔らかくなったからといっても、垂れていくのはちょっと悲しいですよね。

でも、胸が年齢と共に崩れるのは仕方のないことなのです。

では、そんな胸に何かしてあげられることはないでしょうか・・それには、ブラジャーでハリを失った胸を支えてあげることが大切になってきます。

その年齢の胸に合ったブラジャーを着けるよう心がけてください。

若い頃のブラジャーのままでは支えきれないこともありますので、購入する際は、下着屋さんでちゃんと試着をして選ぶようにしてください。

胸が柔らかくなった原因・・成長

胸は、最初から大きく柔らかいものだったわけではありません。

男性も女性も、女児・男児だったころは皆一緒・・胸に何の差もありませんでした。

でも、それも小学校高学年あたりから変わり始めます。

成長していく胸

赤ちゃんの頃は真っ平らだった女性の胸も、成長と共に膨らんでいきます。

膨らみ始めたといっても、胸はまだまだ未熟・・乳腺も脂肪もまだまだ発達していませんので、胸は柔らかくありません。

成長途中の胸はとてもデリケートで、感触は硬く、触ると痛く感じます。

成長とともに変化する胸

未熟な胸も、成長とともに乳腺が発達し脂肪をつけていきます。

それとともに感触が「硬い」から「柔らかい」へと変わっていきます。

このように、成長を遂げ、柔らかくなったと感じるようになります。

胸が柔らかくなった原因・・妊娠・出産

女性の身体が劇的に変わるとき・・それは妊娠ではないでしょうか?

妊娠・出産、そして授乳・・胸は、赤ちゃんが胸を飲んでくれている最中はまだいいですが、授乳が終わった頃にはもう・・すっかり疲れきってしまっています。

疲れきった胸には、どのような変化が訪れるのでしょうか?

産後の変化

母乳をあげ終わると、ハリが失われ柔らかくなったと感じることがあります。

胸が大きめの人はそれほどではありませんが、小さめの人はより感じることが多いようで、その原因は胸の皮の伸び。

妊娠すると胸は急激に大きくなっていきます。

乳腺の中は母乳で満たされ皮が伸びていくわけですが、授乳が終わる頃には乳腺はしぼんでいきます。

皮はそのしぼみについていくことができず、ハリが失われ風船がしぼむようにしぼんでいってしまうのです。

ハリがなくなった分、柔らかくなったと多くの人が感じることとなります。

姿勢が大事

胸が柔らかくなったとはいっても、垂れてしまうのは避けたいところですよね。

ケア方法としては、まずは姿勢を正すことが大切です。

姿勢の悪さは、胸の崩れの原因となりますので気をつけてください。

子育てに負われると、ついつい前屈みの姿勢になることが多く、それがクセづけられてしまいますので、子育て中の姿勢は特に意識して正すようしてみてくだいね。

まとめ

胸が柔らかくなったといっても、その原因は様々あります。

成長による胸の変化はいいのですが、問題はその他2つ・・日頃からのケアも必要となってきますが、それとともに変化したら、それ相応のブラジャーで保護してあげることも大切です。

いつまでも同じサイズのブラジャーではいられません。

一度、形の崩れた胸は元に戻ることは困難ですので、その時その時の胸の変化に気付いてあげてくださいね。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)