胸が大きな女性のコーデのコツをチェック!胸が大きい女性のコーデの秘訣

胸が大きな女性のコーデのコツをチェック!胸が大きい女性のコーデの秘訣

胸がでかい女性は、服装にも拘る必要があります。

他人の視線を集めることになってしまい、どうしても気になってしまいます。

仕事にも差し支える可能性もありますので、胸がでかい女性向けのコーデについてきちんと理解しておく必要があるのです。

胸がでかい女性のコーデの基本

まず、胸がでかい女性のコーデの基本的な部分について解説していきます。

ネット通販は避けるべき

胸がでかい女性の場合、「ネット通販」で服を購入することは避けなければなりません。

通常、ネット通販で服を購入する場合、その服の見た目やサイズで服を選ぶことができます。

しかし、それらのデータだけでは「実際に着こなした際の見た目」まではわかりません。

服はモデルさんが着用している写真も紹介されていますが、往々にして胸がでかい女性とは異なるプロポーションの女性が着ていることが多いです。

なので、文字や写真でわかるデータだけだと、その服が自分向けの服であるかどうかを判断することが出来ないのです。

試着することが基本となる

なので、胸がでかい女性は実店舗で服を選ぶ必要があります。

その際には「試着」をすることが前提となります。

サイズや見た目だけで購入する場合だと、ネット通販で購入することと大して変わらなくなってしまいます。

胸がでかい女性の服の選び方は「実際に着こなした際の見た目」が最も重要なのです。

その情報を知るためには、試着をしなければならないのです。

トップスの「襟」の形

それを踏まえたうえで、胸がでかい女性が選ぶべきトップスの特徴として、まず「襟」に注目したいと思います。

すっきしりたVネックはOK

まずは「Vネック」です。

すっきりしたイメージが有ることと、「鎖骨」が見えるデザインによって胸に集まる視線をその部分にそらすことができます。

同様に、直線のラインで首元がすっきりとしているデザインのトップスであれば、胸の大きさをそこまで目立たなくすることができます。

Vネック以外だと「ダイアモンドネック」や「Uネック」あたりがおすすめになります。

タートルネックはNG

おすすめできないコーデは「タートルネック」です。

完全に首元が隠れてしまい、胸を隠すものや視線をそらすものが無くなってしまい、でかい胸に視線が集まってしまうことになります。

同様に、首元のすっきりしていない「浅いUネック」はNGです。

このコーデの打開策としては、「ネックレス」「マフラー」などで胸への視線をそらす方法がありますが、あまりにもボリュームがありすぎる場合や、目立つ部分が胸元に来るようなデザインの場合だと逆効果になります。

また、首元のすっきりしているデザインの中にも横が強調される「デコルテ」や、胸の部分だけ布地が覆う「アメリカン・アームホール」もNGです。

トップスの「袖」の形

次は「袖」についてです。

胸とは直接関係しなさそうな部分にも思えますが、実はちょっとした選び方一つで胸の強調具合が異なってしまうのです。

すっきりとする「ドルマンスリーブ」などをおすすめ

まず、すっきりとした見た目の「ドルマンスリーブ」がおすすめです。

すっきりとした見た目だけではなく、この形の服はゆったりしたものが多く、脅威が広いという特徴があります。

動作時に胸や腕がきつくなると、どうしても胸が強調されてしまいます。

なので、余裕のあるドルマンスリーブのような袖のタイプがおすすめなのです。

胸回りに曲線のある「バルーンスリーブ」はNG

胸回りに曲線が配置される「バルーンスリーブ」はNGです。

または、丈が短い「フレアスリーブ」もNGです。

袖の選び方の基本は「着こなし・動作時に胸に視線が行くような変化があるかどうか」ということです。

胸に何らかの強調が行われてしまうと、どうしても胸に視線が集まってしまいます。

もちろん、ネックレスなどで視線をそらすこともできますが、袖の強調具合の方が強いと小物の工夫が台無しになってしまいます。

襟に比べるとそこまで大きな効果もないかもしれませんが、少しでも視線を胸以外にそらせたいというのであれば少しでも工夫しておくに越したことはありません。

まとめ

胸がでかい女性の場合だとコーデ一つにも配慮が必要になります。

女性なのでファッション性も重視したいところですが、外出時や仕事中に胸の視線を集めたくないというのであれば、ファッション性以上に注目しなければならない部分になります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)