胸が揺れるのをなんとかしたい!胸が揺れる悩みを持つ女性のブラの注意点

胸が揺れるのをなんとかしたい!胸が揺れる悩みを持つ女性のブラの注意点

胸が大きいことにはそれなりの悩みがつきものです。

その一つとして「胸が揺れる」ということが挙げられます。

そんな女性は「ブラジャーの選び方」について深く考える必要があります。

そこで、胸が揺れることに悩んでいる女性のブラの注意点について解説していきます。

胸が揺れることによるデメリット

まず、胸が揺れることでどのようなデメリットが発生するのかということについて解説していきます。

摩擦による皮膚トラブル

胸が揺れるということは、それだけ衣服との摩擦が起きやすくなるということです。

そこまで大した摩擦が起きるわけではないと思われるかもしれませんが、これが連続して起こることで皮膚にはダメージが蓄積していきます。

その結果、シミなどの肌トラブルの原因になってしまうのです。

クーパー靭帯の断裂によって胸の下垂が起こる

また、「揺れる」ということ自体が問題になることもあります。

胸は「乳腺」「脂肪」「クーパー靭帯」の3つの組織がありますが、このうちクーパー靭帯は「胸を支える」という働きを持ちます。

胸が揺れることでクーパー靭帯が伸びてしまいます。

クーパーは他の人体と違って伸びても元には戻らず、最終的には断裂を起こしてしまいます。

そうなると、胸を支える存在が無くなってしまいますので、大きな胸は重力に逆らえずに下垂してしまうのです。

胸が揺れないブラジャーの選び方

そういった問題を解消するためには、胸を包むブラの選び方を注意しなければならないのです。

胸が揺れないようにするには、どういったブラの選び方をするべきなのでしょうか?

自分の胸にあった最適のブラを

ブラというものは「サイズ」だけで測る事ができないのです。

確かに自分のサイズに合ったブラを選ぶ必要がありますが、それだけではいけないのです。

ブラは胸のサイズだけでなく形などの個人的なデータも総合的に判断して選ぶ必要があります。

試着しなければわからないことが多い

それを一発で判断する方法としては「試着」という方法があります。

データだけではわかりにくいことも、実際に着用することで自分に合っているブラであるかどうかをすぐに判断することができます。

なので、可能な限り通販ではなく、実店舗で購入するほうが良いのです。

専門店で専門家のアドバイスを参考に

できれば、ランジェリーの専門店で購入することをおすすめします。

店員はブラの専門家でもあり、ブラに関するさまざまなアドバイスを受けながら自分に最適のブラを選ぶことが可能になります。

胸の大きさに関する悩みを打ち明けたうえで、その問題を解消するために必要なブラがどれであるのかを、試着しながら選ぶことができます。

胸が揺れないように工夫する最大の必要性

胸が揺れなくなるようにするのは常に必要なことですが、中でも特にその必要性が高まるタイミングというものがあります。

スポーツ時には特に揺れる

胸が揺れないように配慮しなければならない最大のタイミングは「スポーツ時」であると言えます。

スポーツ時には平常時にはあまり起こらない「激しい上下運動」が発生し、その影響は胸にも及びます。

特に胸の大きな女性の場合は受ける影響が大きく、前述の「胸が揺れることによるデメリット」が発生しやすくなります。

なので、自分に合ったスポーツブラを着用する必要があるのです。

ちょっとしたランニングでも胸は揺れる

運動時であれば、どのような運動でも胸が揺れるリスクはつきまといます。

それこそ、日常的に行っているランニング程度の運動でも胸が揺れるリスクは大いに考えられます。

加えて、日常的に運動の習慣を継続している人ほど、胸に対する影響も蓄積していることになります。

胸が揺れることによる悪影響は一朝一夕で起こるようなものではなく、それが継続することで初めて大きな悪影響となり、胸や周囲の組織に悪影響をもたらすのです。

そうならないように、日頃から身体を動かす習慣のある人ほどスポーツブラで胸が揺れないように配慮する必要があるのです。

まとめ

もちろん、大き過ぎる胸を小さくすることも必要ではありますし、根本的な解決案として考えられることでもあります。

しかし、民間的な方法では胸が小さくなる保証はなく、仮に小さくなるとしても時間がかかる方法になりますので、応急的な対処法は必要になります。

それがブラジャーであり、サイズだけでなく個人に合った最適なブラを選ぶことが、胸が揺れることを防止し、それによる弊害を予防する方法になるのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)