胸を触るとゴリゴリした感触がして痛い!胸のゴリゴリ感‥病気のリスクは?

胸を触るとゴリゴリした感触がして痛い!胸のゴリゴリ感‥病気のリスクは?

胸を触った時に柔らかさとは異なる感触があり、同時に痛みも生じるのであれば何かしらの異常が認められるということです。

特に「ゴリゴリ」などといった明らかに胸の感触とは異なる場合で痛みを伴う場合、大きな病気を疑ってしまうのも無理はありません。

胸の病気で胸に異常が現れる、多くの人は「乳がん」を疑うのではないでしょうか?

乳がんの基本的な話

まずは乳がんの基本的な話からしていきましょう。

どのような症状や原因、治療法は何であるかというお話です。

乳がんの症状

乳がんの症状として最も目立つ症状は「乳房腫瘤」です。

触って確認できるほどはっきりした「しこり」として確認することができます。

また、乳頭からは分泌物を出すようになり、その分泌物には血液が混じっていることが多いです。

乳がんの原因

がん細胞の発現は、いまだに解明されていないところが多いです。

乳がんにおいてもそれは同様で、単一の原因ではなく複数のリスクを持つほどに発症しやすくなると言えます。

そのリスクを高める要素は「近親者の乳がんの罹患歴の有無」「本人の乳頭腫や線維腺腫の罹患歴の有無」「本人の乳がんの罹患歴の有無」「出産・授乳の経験の有無」などが挙げられます。

乳がんの治療

乳がんの治療は、乳がんがどれだけ進行していいるか、そのステージごとに異なります。

最も早い段階であれば病巣の部分切除だけで済みますが、がんが進行していると乳房全体を切除しなければならなくなります。

そして、最終的には根治療法が選択できず、抗がん剤と放射線治療による治療方針が続くことになります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)