胸のムカムカ、ゲップが増加‥これ逆流性食道炎?症状・原因・治療法は?

胸のムカムカ、ゲップが増加‥これ逆流性食道炎?症状・原因・治療法は?

よく、質問掲示板等で見かける質問に「最近、胸がムカムカしてゲップが増えました、何の病気でしょうか?」という質問を見かけます。

その症状を見かけるたびに、私の脳裏にはある病気が思い浮かびます。

胸のムカムカに加えてゲップが増えるという症状、そこから考えられる病気は「逆流性食道炎」です。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎、名前だけは聞いたことがあるという人も多いかと思いますが、どのような病気なのか具体的には知らない人も多いでしょう。

逆流性食道炎がどのような病気か解説します。

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは、胃液の「逆流」によって「食道」に「炎症」が起こる病気で、「胃食道逆流症」の原因となる病気の一つです。

食道炎の中で最も多くみられる病気で、小さいものであれば比較的日常的に発生することが考えられます。

胃液の逆流と食道

胃液には「胃酸」と「タンパク質分解酵素」が含まれています。

強い酸性を持つ胃酸とタンパク質分解酵素によって、食べた物を吸収しやすい形に変化させます。

胃酸の酸性度はかなり強いのですが、「胃炎」を起こすような状態でなければ胃は胃液の影響を受けないような構造になっています。

しかし、食道にはその防御機能は備わっていませんが、そもそもに食道粘膜にそのような機能は必要ありません。

ところが、何らかの原因で胃液が逆流することで、それに対する防御機能を持たない食道粘膜がダメージを受け、炎症を起こしてしまうのが逆流性食道炎です。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)