胸のあたりがギュルギュル(ぐるぐる)音がする!気になる原因は?

胸のあたりがギュルギュル(ぐるぐる)音がする!気になる原因は?

体には様々な臓器があり、中には「音」を出すような臓器もあります。

例えば、お腹がすけば「ぐー」と鳴りますし、げっぷも音が鳴ります。

しかし、胸のあたりが「ギュルギュル」「ぐるぐる」鳴っていると、不安を感じてしまいます。

そこで、胸のあたりのギュルギュル・ぐるぐるといった音の原因についてまとめてみました。

胸のギュルギュル・ぐるぐるの原因

まず、胸のあたりのギュルギュル・ぐるぐるといった音の原因から解説していきます。

音の原因は「空気嚥下症」

可能性として、その音の原因は「空気嚥下症」かもしれません。

「嚥下」とは、通常は食べ物を咀嚼して飲み込み、食道から胃へと運ぶ一連の動作のことを指します。

嚥下単体では「飲み込む」ことであると解釈することができますが、通常は食べ物に対して使われる言葉です。

空気を飲み込む

通常、私たちは食事の際に食べ物や飲み物と一緒に多少なりと空気を飲み込んでしまいます。

しかしながら、それは通常の範囲内であり、健康上何も問題はありません。

ところが、空気嚥下症の場合は食事とは無関係に空気を多く飲み込んでしまいます。

呑気症

空気嚥下症は、別名「呑気症(どんきしょう)」とも呼ばれています。

特に、呑気症に加えて「噛みしめの動作による緊張や肩こりなどの症状を伴っている場合」であれば、「噛みしめ呑気症候群」と呼ばれます。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)