胸?肺?気管?胸のあたりがゴロゴロ鳴る原因は「気管支喘息」かも‥

胸?肺?気管?胸のあたりがゴロゴロ鳴る原因は「気管支喘息」かも‥

呼吸の時に、胸が「ゴロゴロ」と鳴ることがある人は、胸に異常を感じて不安になることでしょう。

ネコが喉をゴロゴロと鳴らしているのならまだしも、自分の胸がそう鳴るのであれば、何かと不安は募ります。

胸がゴロゴロ鳴る原因、それは「気管支喘息」かもしれませんよ?

気管支喘息とは

まず、気管支喘息の基本的な話から進めていきましょう。

気管支喘息とは?

気管支喘息とは、気管支に炎症が起こり、肺への空気の吸入や呼出が困難になる病気です。

発作性に症状が現れることが多く、急な症状の変化を経験することが多いのが特徴です。

急に症状が消え去ることもあれば、逆に非常に強い呼吸困難に陥る可能性すらある病気です。

あまりにも症状が急に変化するので、場合によっては周囲の人に仮病であると勘違いされることもあります。

気管支喘息の原因

気管支喘息の直接の原因は、気管支に発生する炎症です。

その炎症の原因としては、主にハウスダスト等の飛散物が挙げられます。

飛散物の例としてはハウスダストのほかに「カビ」「昆虫」「小麦粉」などが挙げられます。

また、「ソバ」や「カニ」といった特定の食べ物を原因とすることもあれば、薬剤の副作用として症状が現れることもあります。

ただし、気管支喘息の中には何を原因として発生しているのがか分からないケースも全体の3分の1ほど存在します。

気管支喘息の症状

では、気管支喘息を患った場合にはどのような症状が発生するのでしょうか?

喘鳴

気管支喘息の代表的な症状としては「喘鳴」が挙げられます。

喘鳴とは、呼吸の際に「ぜーぜー」「ひゅーひゅー」といった音が胸や喉で発生する症状ですが、軽度の気管支喘息の場合は常に喘鳴が発生するわけでもないのが特徴です。

発作性の咳

気管支喘息では、発作的に咳を出すようになります。

咳を出すタイミングとしては、冷房の効いた部屋に入った時や、香水の匂い、煙などを吸った時によく起こります。

また、飲酒によって症状が悪化することが多いです。

呼吸困難

気管支喘息の症状として、呼吸困難が起こることが多いです。

呼吸困難は常に一定の症状が続くわけではなく、日ごと、時間ごとに症状が変化するという特徴があります。

自然に回復することもあるのですが、治療しない限り症状が続くことも多く、場合によっては命に影響がでるほど重い呼吸困難を呈することもあります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)