胸がざわつく!胸のざわつきの原因である自律神経の不調は改善できる?

胸がざわつく!胸のざわつきの原因である自律神経の不調は改善できる?

特に不安なことも無いのに、意味もなく胸がざわついてしまう、そんなことがあり得ます。

その原因として考えられるものが「自律神経失調症」で、生活の中に様々な原因が存在する珍しくない症状です。

様々な不調をもたらす自律神経失調症、その対策としてはどのようなものが有効なのかをまとめてみました。

ストレスを発散する

まずは「ストレスの発散」です。

ストレスは自律神経を乱す大きな原因となりますので、ストレス発散は自律神経失調症対策の大きな要となります。

ストレスを発散する方法

ストレスを発散する方法は、基本的に何でも良いです。

例えば音楽を聴いたり、アロマテラピーを利用するなどのインドア的なものから、運動や旅行などアウトドア的なものまで様々な選択肢があります。

人によってストレスを発散できる方法は異なりますので、自分に合った方法を選択する必要があります。

飲酒による発散はNG

しかし、飲酒によるストレスの発散は自律神経失調症の改善胃は逆効果となります。

確かにお酒を飲むことで気分を高揚させ、ストレスを発散することができるかもしれません。

しかし、ストレスを発散するためだからといって毎日のようにお酒を飲むと、当然ながら肝臓に負担がかかります。

肝臓の機能が低下することは、自律神経にとっても良くないことです。

結果として肝機能の低下と自律神経の乱れの悪循環を生む結果となる可能性が高いので、お酒を飲むのはほどほどにしておくと良いでしょう。

運動によるストレス発散は良い

できれば、運動によってストレスを発散するのがお勧めの方法です。

適度な有酸素運動は、自律神経を整える作用が期待できます。

外の空気を吸いながら適度に運動することで、自律神経に対してより多くの好影響をもたらすことになります。

ただし、過度な運動は交感神経を刺激してストレスによる自律神経の乱れを悪化させることになるので注意が必要です。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)