妊娠中の寝方に注意!妊婦さんのうつ伏せ寝は赤ちゃんに影響あるの?

妊娠中の寝方に注意!妊婦さんのうつ伏せ寝は赤ちゃんに影響あるの?

寝る姿勢は人それぞれ、上を向いて眠る人もいれば横向きが楽だったりうつ伏せで寝るのが癖になっている人もいます。

お腹の大きくなってくる妊娠中のうつ伏せ寝は赤ちゃんを圧迫してしまうようで、いけないことのように感じる妊婦さんも多いと思いますが、このうつ伏せ寝はお腹の赤ちゃんに影響があるのでしょうか?

妊娠中でも、妊娠初期など妊婦さんが苦しくなければ問題はない

基本的に、産婦人科の医師の方の意見では「妊婦さんが苦しくなければ問題がない」と言われているとのことです。

赤ちゃんは、胎盤や羊水によって守られているので外からの多少の圧迫があっても大丈夫なのです。

ただ、妊娠も中期に入ってきてお腹のふくらみが目立ってくると、うつ伏せで寝るとお腹が圧迫されて苦しいという妊婦さんが多いようです。

そうなると、必然的にうつ伏せで寝る妊婦さんは少なくなってくるようです。

意外?!仰向けで寝る方が妊婦さんにとっては危険

意外に思われるかもしれませんが、妊婦さんにとっては仰向けで寝る方が危険なのだそうです。

仰向けで寝ることで子宮が重力で下がり、その下にある器官の血流を悪くしてしまい、赤ちゃんに送り込まれるはずの酸素が充分に届かなくなる恐れがあるのです。

また、器官が圧迫されることによって腎臓にもうまく行き届かなくなるため、妊娠中毒症の原因となることもあるで、妊娠したらできれば仰向けで寝るのは避けた方が良いでしょう。

妊娠中、妊娠後期に最適な眠りの体勢

妊娠後期にもなると、お腹が大きく膨らみ寝る姿勢にも困ってしまうのではないでしょうか。

妊娠中、特に妊娠後期の妊婦さんは、横向きになって上になった足をくの字に曲げた姿勢が一番楽な姿勢と言われています。

曲げた足がお腹を圧迫してしまうこともありますので、できればクッションなどを足の下に敷くとより楽な姿勢で睡眠をとることができるでしょう。

この姿勢は、眠るときだけでなく子宮が張ったり足の付け根が痛くなった時などにも効果的です。

暫くこの姿勢で横になっていると、お腹の張りもおさまりリラックスできるでしょう。

とくかく良い睡眠をたくさんとりましょう

妊娠中は、女性ホルモンのひとつである「プロゲステロン」が多く分泌される影響でとても眠いもの。

これは、赤ちゃんがすくすくと育つようにより多くの血液を胎盤に送り出す為のものでもあるのです。

ですから、妊娠中に眠くなった時にはとにかく楽な姿勢でたくさん眠ること。

これがとても重要です。

仕事などをしているワーキングママさんは、なかなかいつでも眠れる環境にないかもしれませんが、お昼休みや休憩時間などはできるだけ体を休め、できれば横になって眠る時間を少しでも多くとれるようにできると良いですね。

まとめ

妊娠中は、本当に眠いもの。

これは女性ホルモンの影響もありますが、身体がたくさんの水分を溜め込もうとするため、脳もむくんでしまい起こるという説もあります。

妊娠すると、女性の身体にはさまざなま変化が現れます。

眠いということは、つまり赤ちゃんが成長する為に必要だということ。

妊娠中には、その自然の流れに逆らわずに眠いときには眠る、お腹が張っている時にはゆっくり横になって休むなどするように心がけたいものです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)