いよいよ臨月‥もうすぐ生まれる私の赤ちゃん!臨月の症状と過ごし方

いよいよ臨月‥もうすぐ生まれる私の赤ちゃん!臨月の症状と過ごし方

妊娠の最終段階である「臨月」。

いよいよ、待望の赤ちゃんとの対面ともあと少し。

この時期には、赤ちゃんが生まれる嬉しさと出産に対する不安が入り混じりメンタル的にも不安定になり、体調も身体のリズムも少し違ってきます。

元気な赤ちゃんを産むために気をつけたい、臨月の過ごし方についてお話しましょう。

「臨月」と「正産期」の違い

臨月とは、妊娠10ヶ月目、妊娠してから36週0日~39週6日のことをいいます。

これに対して、赤ちゃんの身体の機能がしっかり成熟していて、いつ産まれても大丈夫!という期間のことを「正産期」と呼び、妊娠37週0日~41週6日の期間がこの「正産期」になります。

ですから、臨月に入ってもまだ「正産期」に入っていない状態での出産は「早産」ということになり、赤ちゃんが未熟な状態で生まれてくることもありえます。

ただ、臨月まで育った赤ちゃんはもうほとんどの機能ができあがっている状態ですし、最近の医療技術は格段に進歩していますから、早産であってもあまり心配することはないでしょう。

臨月の身体の変化

臨月になると、大きくなった子宮はだいぶ下に下がってきており、いままで圧迫されていた胃などの器官が通常の状態に戻るため、食欲が旺盛になることが多いものです。

ただ、「赤ちゃんのために」と食欲に任せて食事を摂りすぎてしまうと体重が増加し、赤ちゃんが生まれてくるための産道を圧迫し難産になる可能性もあります。

最近では、臨月までの体重増加を8kg程度までに抑えるようにと助産婦さんが指導をしている病院が多数ありますからこの体重を目安にあまり食べ過ぎず、太り過ぎないようにしましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)