妊婦さんは経験するかも?妊娠後期に股関節が痛くて歩けない!

妊婦さんは経験するかも?妊娠後期に股関節が痛くて歩けない!

妊娠も後期になると、子宮もだいぶ大きくなり8ヶ月を過ぎたあたりでは上から自分のお腹の下が見えなくなるほどにお腹が大きくなります。

いわば数キロの重さの荷物をお腹に抱えているようなものですから、当然のことながら骨盤や背骨、股関節などに負担がかかってきます。

中には股関節痛が激痛で歩けないほどひどい人も。

こうした「妊娠後期」のトラブルに、世の中の妊婦さんはどのように対処しているのでしょうか?

妊娠後期の股の悩み-股関節の激痛

妊娠中の女性の身体は、女性ホルモン以外にもさまざな変化が起こっています。

そのひとつが「ホルモン分泌による靭帯や筋肉の緩み」です。

妊娠後期になって、股関節や股に痛みが出るのは単にお腹が大きくなりその重さの負荷がかかっているだけではなく、妊娠後期に多くなる「リラキシン」というホルモンが分泌されることによる影響によって筋肉に緩みが出てきているからなのです。

現に、妊婦さんの2人に1人が経験しているこの「股関節の痛み」ですが、軽いストレッチや散歩などすることによって軽減する場合もあるようですので試してみてください。

また、「セラバンド」というエクササイズ用のゴムバンドを太ももの外側のでっぱりの部分にまきつけ、恥骨を締めるようにイメージしながら生活するのも良いでしょう。

妊娠後期の股の悩み-圧迫感

また、股関節の痛みの他にも腰周りや恥骨部分に「圧迫感」を感じる人もいるようです。

これは、お腹のふくらみが大きくなることによって子宮がその周りの器官を圧迫したり、靭帯がひっぱられることによって起こるものです。

人によって感じ方はまちまちですが、膣がひきつれている感じという人もいれば、足の付け根が痛むという人もいます。

これは赤ちゃんが元気に大きくなっている証拠ですので、心配のいらない痛みです。

こうした症状が出た際には、無理をせずに足を曲げた状態で横になるなどして安静にするようにしましょう。

また、お腹の大きくなった妊婦さん専用のコルセットなどもあるようですので、そうしたものを利用するのもひとつの手段です。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)