妊娠後期の股のお悩み!気になる汗や臭いの対策法

妊娠後期の股のお悩み!気になる汗や臭いの対策法

妊娠後期の股のお悩みと言えば「股関節の痛み」「股ずれ」についで「股の汗による臭い」があるのではないでしょうか?

特に汗をかきやすい夏場には、このお悩みは多いものです。

このような「股の臭い、汗の悩み」について、妊婦さんはどのように対処しているのでしょうか?

股の臭いの原因「すそわきが」って知ってますか?

股の臭いがとても気になる・・・

こんな場合には「すそわきが」である可能性があります。

「すそわきが」は病気ではありませんが、その名前の通り「わきが」のように体質によるものが多いようです。

特に、ホルモンバランスが大きく変わる妊娠中や出産を機に、この「すそわきが」になった、という人も少なくありません。

すそわきがになってしまった場合、手術で治すという方法もありますが保険適用外ですので、コストが10万ほどとかなりの額がかかってしまいます。

そうした場合には、「塗るタイプ」のすそわきが対策のグッズもありますので、まずはそうしたものを使用して様子を見てみるのが良いと思います。

「でも、赤ちゃんに影響があるのでは・・・・」

と、妊娠中のお母さんであれば心配になってしまいますよね。

そんな妊娠中にも使えて、赤ちゃんにも影響がないとされているデオドラント製品もありますので、妊娠中はそうした商品を調べて取り寄せてみるのも良いでしょう。

「ムレ」による汗の臭いの可能性も

妊娠後期になってくると、それなりに体重も増え、特に股の周りは汗でムレてしまいがち。

その上、妊娠するとホルモンの影響で基礎代謝量があがるため、普段よりも体温が高い状態が続くため、普段よりもたくさんの汗をかくのです。

そのため、股や脇などの皮膚と皮膚が密接している部分は非常に汗をかきやすく、その分汗の臭いも強くなります。

また、股だけでなく、妊娠してから「脇の臭いも強くなった」という妊婦さんも多いのは、脇に特に多い「アポクリン汗腺」と呼ばれる、わきがの原因となる汗腺も活発になるため、妊娠中は汗の臭いに悩まされる妊婦さんが増えるのです。

アポクリン汗腺には、アンモニアも含まれている上、そこにムレによって雑菌などが繁殖するとあの独特のイヤ~な臭いがするのです。

特に妊娠中は、いろいろな感性が敏感になる時期。

嗅覚も敏感になっているので、いつもは気にならない程度の汗の臭いにも敏感に反応してしまうので、「汗が臭い」と思う原因にもなるようです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)